こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

solarisのファイルが削除できない

ファイルが削除できなく困っております。

テープにバックアップを取るために
ufsdumpコマンドを実施しました。

実施したときに入力ミスをしBackspaceキーで
文字の修正を実施したのですが、
dev/rmtの直下にファイルが作成されてしまいました。

このファイルを削除しようとしましたが、
lsコマンドではファイルがあるように見えるのですが。
rmコマンドでは削除できません。

対象となるファイルに特殊文字(^H)が入力されているため削除ができないのか
そもそもファイルが存在しないのかわかりません。

どのようにファイルを削除したらよろしいですか?

ご教授よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2011-11-16 23:40:53

QNo.7137600

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

本当にファイルにコントロールコードが入っている場合で、どのシェル使っているかにもよりますが

・まず、ls -b でコントロールコードを\ddd形式で表示するようにします。コントロールコードが入っているなら、これでわかります。
一応、solarisのlsのマニュアルを検索して-bの確認をしましたが、もしかしたら-bオプションが無いかもしれません。そのときは ls | od -c とでもしてダンプしてください。
・Ctrl-V次の入力を、解釈無しにそのまま入力できるシェルがあります
・*.?等の展開はコントロールコードに対しても有効です。ファイル名が重ならないなら、コントロールコードの位置に?を使います。
・ファイル名補完を使って入力できる場合もあります

投稿日時 - 2011-11-17 00:49:05

お礼

ls -bで表示したところ、やはりコントロールコードがありました。

教えて頂きました*を使用し削除ができました。
ありがとうございました

投稿日時 - 2011-11-17 21:49:07

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)