こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

家購入時の費用支払いのタイミングについて

諸費用や手付金が必用となることはわかっているのですが、どのタイミングで必用なのかがイマイチ不明なので教えてください。


新築マンションの場合

申込時に申込金10万程。

契約時に手付金5~10%、それ以上?と印紙代

引渡し時
修繕費積立基金や管理費一時金等?
保証料や火災保険など。

こんな感じでしょうか?
よくわからないのが手付金は最終的に諸費用に回してもらえるのでしょうか。
例えば諸費用に200万必用だった場合、自己資金300万の人は手付を200万払うと諸費用分が足りなくなりますよね?
3000万の価格で200万の手付金を支払った場合、3000万のローンを申し込めば
決済時に3000万が融資され、その中から2800万を払うのでしょうか。
これは特別に言わないとローンも2800万でしか融資されないのでしょうか。


手付の部分に関しては中古、新築に限らず同じ扱いになりますか?


初歩的な質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

投稿日時 - 2014-04-29 15:05:47

QNo.8573718

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

マンションの本体価格が3,000万円、諸費用が200万円、手持ちの現金が500万円だったとします。
新築マンションで、契約時にはまだ建築中、引渡しは1年後としましょう。

10万円の申込金は、私の場合はなかったので分かりませんが、
恐らく、マンションの本体価格の支払いに充てられるのでしょう。

何度か交渉を繰り返した結果、そのマンションの購入を決定すると、
手付金として本体価格の1割である300万円を振り込むように連絡が来ます。
その振り込みが確認されると、契約書を交わします。
その際、契約書に貼り付ける印紙15,000円は、自分で買って持参します。

そこから、住宅ローンの審査が始まります。
いくら借りるか、自分で決めて申請します。
払わなければならない金額は、マンション価格3,000万円+諸費用200万円-支払い済み300万円=2,900万円。
500万円だった手持ちの現金は、300万円を支払ったので200万円に減っており、
入居後の家具等の費用・入居後に急に必要になっても安心できるように120万円残しておきたいとすると、
入居前に自己資金で払える金額は80万円となります。
ということは、払わなければならない2,900万円に対して2,820万円足りないことになるので、
2,820万円の住宅ローンを申請します。

引渡しの前、私の場合は1ヶ月ほど前でしたが、不動産業者から残金を振り込むように連絡が来ます。
すでに2,820万円の融資が決定していますので、80万円を指定された期日までに振り込みます。
同時に、住宅ローン業者から不動産業者に2,820万円が振り込まれます。
それが確認されると、マンションが引き渡され、
手元に120万円が残り、2,820万円の住宅ローンの返済が始まる、
という流れになります。

投稿日時 - 2014-05-02 11:13:41

お礼

非常にわかりやすいご説明ありがとうございます!
やっとすっきりしました!

投稿日時 - 2014-05-04 10:51:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

不動産の購入資金は物件価額+諸費用が総額ですが、現在の金融機関は、総額から自己資金を差し引きした額を融資金額と見ますから、残金支払い時に実行された融資金から残代金を支払ったり諸費用を支払ったりが可能です。
手付金はあくまで契約を約すための金銭であり、資金計画上の自己資金の支出額とは、関係がありません。
計画上自己資金0の方でも契約時には手付金が必要です。その場合はすべての支払い後手付金相当額が口座に残るわけです。

投稿日時 - 2014-04-30 13:00:44

補足

ありがとうございます。
そうすると、融資を申請する際には価格から手付金を引いた額ではなく、元々の価格の融資を申請するようにすればいいというわけですね?

投稿日時 - 2014-05-01 10:19:01

ANo.3

追加質問への回答です。買主の事情に応じて手付け金を安くしてくれることはありません。手付け金は売主の要求でもあるのです。契約をすると売主はいろいろな手当てをせねばなりません。買主の気が変わってキャンセルになっても、手当てによる損失を補填できる額になっているのです。心配なことがある場合には十分な自己資金を持っていることが必要です。

投稿日時 - 2014-04-29 22:03:50

ANo.2

支払のタイミングの意味が良くわかりませんが、資金がギリギリなのでしょうか。ローンは諸費用を含めた額までは融資してもらえません。手付け金は自己資金なので、その資金を諸費用にしたいということでしようか。ローン代金の満額まで融資してもらえれば心配する必要はありません。銀行がマンシヨン販売業者に代金を支払って、貴方名義の登記をしてその物件に抵当権を設定します。
新築マンションは登記した時点で実勢価格は販売価格の8割程度になります。その意味で販売価格一杯まで融資することはありません。返済が滞って物件を抵当に取って売却しても、ローン残高が回収できないからです。したがって、手付け金と諸費用の費用は自己資金で賄うのが妥当です。

手付け金は中古では価格が安いので10%程度です。新築では5%程度です。手付け金は逆の場合には違約金ですので、安過ぎると意味がありません。

投稿日時 - 2014-04-29 18:42:37

補足

例えば自己資金500万だった場合、諸費用分と家具代などは残して手付けをいれないとですよね?
それとも手付けを後に諸費用に回してくれるのかが知りたいです。

投稿日時 - 2014-04-29 21:14:11

ANo.1

マンション代金額はお幾ら?

ローンは 其のうちの幾ら?

諸費用と云うのは 登記代 税金公租公課 保証料保険代ですね

申し込み金や手付金は マンション額に算入されるのでは?

販売社に 費用一覧を出して貰った方がいいですよ 

投稿日時 - 2014-04-29 15:13:03

補足

すいません。仮定での話しなので具体的に検討している物件があるわけではないです。

投稿日時 - 2014-04-29 21:11:41