こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ウルトラマンレオの1話について疑問なのですが

物語の始まりはレオがL77星の壊滅に伴い地球に逃げてきてから1か月後。
取り立てて説明がない所を見るとレオが来る以前からMACは存在していたのですよね?
ゲンがMACに入隊するまでは、隊長が前線に立ち
変身して怪獣と戦わなければならないほどのミッションが
これまでもあったということなのでしょうか。
セブンが怪獣と戦ってる間はMACの戦闘指揮はどのようになっていたのでしょう。

あと、海岸に倒れているダンに向かってゲンが「モロボシさーん!」って駆け寄ってきますが
どうして彼はウルトラセブンがモロボシ・ダンで
且つMACの隊長だということを知っていたんでしょうか。
昨日からなぜかやたら気になってどうしようもありません。
どなたか納得できる説明をご教授下さいませんでしょうか。
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2015-01-24 12:52:30

QNo.8902250

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

レオの目の前で、セブンが人間の姿に戻ってますから、そこに倒れている人=セブンということは分かるはずではないかと思います。
また、モロボシ・ダンがMACの隊長であることは、何らかの形で知ることができる手段があったということだと考えます。
例えば、新聞記事とか何らかの名簿など。
あるいは、描かれてはいませんが、レオが地球に来てから、セブンが一人で戦って怪獣や宇宙人を倒すところを目撃していたのかもしれません。そういう機会があれば、通常の地球人ではないゲンですから、モロボシ・ダンが変身していることも分かったかもしれません。

投稿日時 - 2015-01-25 09:22:53

お礼

回答ありがとうございます。

レオの目の前でセブンが変身を解いた=倒れている人がセブン→これは分かります。
ダンがMACの隊長であることはメディアなどで知る機会があった
→なるほど、十分に納得できる説ではありますね、これも分かります。
ちょっと調べてみましたらスポーツクラブの大村さんがダンと親しかったようですね。
なのであそこの人たちはMACが身近に感じられているようだし
それだけでMACの隊長=モロボシ・ダンだと知ることができたかも知れません。
それでゲンは一方的にダンを知ってたけど
ダンはゲンの事を知らなかった状況も成り立ちますね。

じゃあなぜあらかじめモロボシ・ダンがセブンだと分かっていたかについて
セブンが戦っていた所を見たことがある→確かにあり得ますね。
それで助太刀する機会を覗っていたか、
地球人として平和に暮らしたかったから敢えて触らないようにしていたかだけど
マグマ星人が攻めてきたので居ても立っても居られず…になったのでしょうか。

あ、でも今気が付きましたが、モロボシ・ダン=MACの隊長という事を
あらかじめ知っていれば、
双子怪獣にやられてセブンが変身を解いた姿がMACの隊長だったのをレオが見て
その場でセブン=ダンだと気が付いたという事も考えられますね。

いろいろと考えが膨らみました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-01-25 13:03:30

ANo.2

セブンは地球人好きが高じて二度目の地球防衛を引き受けましたが、基本的にはゾフィーたちシルバー族からはあまり好まれていない人物です。それが証拠にピンチのときに助けに来てくれた兄弟はおりません。以前助けられたことがある帰りマンだけが恩義に感じてウルトラアイの修理にかけつけますが、本部では修理わ真面目にやる気がなかったらしく、放置されているうちにシルバーブルーメにやられてしまいました。お助けロボットセブンガーの性能の低さもひどいもので、光の国の本部では地球防衛は意識しないではないが、セブンのバックアップをする意識は非常に低いものだということがわかります。

さてダンが所属した防衛隊NACは宇宙に拠点を置く防衛チームでそれまでの防衛隊に比べて、基本的には宇宙で敵を撃退する組織です。地球に星人や怪獣の侵入を許さないをモットーに組織されていたので、進入を許した時は最悪の局面なのです。実際は宇宙で撃退するケースが多かったのですが、それでは地球がらみのドラマになりませんので、エピソードのチョイス上、毎週許しているように見えるだけです。
ですので、地球での星人や怪獣との戦いは常に決戦といってよい状態であり、毎回が「史上最大の侵略」回のような切羽詰った状況なのです。特に第一話はそうだったのです。こういう状況ではタカ派であるダン隊長は隊員を押しのけて前線に出てしまいますので、指揮系統は乱れます。しかし、その時には指揮する隊は壊滅状態という極限状態。ウルトラマンレオといえばダンがゲンをしごくスパルタ特訓ものとして名高いですが、孤立無援のセブンと常に極限状態という予断を許さぬ展開がああいうドラマを生んだのです。というわけで、ダンがセブンに変身した後のMACは指揮系統が必要ないのです。

セブンの性格やら行状はウルトラ族では有名なので、遠戚に当たるレオも当然セブンのことは知っていたわけです。レオは敵討ちも済んだことだし、地球を去ってもよかったのですが、天涯孤独(当時アストラの生存は未確認)の自分と「明日のない星と知ってもやはり 守って戦うのだ命を捨てて おれは生きる」というセブンの真情に打たれて弟子入りしたわけです。それがめぐりめぐってセブンの息子を教えることになるのですから、人生はよくしたものです。

・・・・・・こんな妄想でよろしいでしょうか?

投稿日時 - 2015-01-24 16:03:57

お礼

回答ありがとうございます。

そうそう、ウルトラアイが壊れても、なんですぐに回収、修理をしなかったのか
そこもすごく疑問だったんですよね。
たぶんセブンはウルトラサインかなんかでヘルプ要請してたと思うんですけどねー。
それがもたもたしてるからゲンを鍛えるのに焦ってたんでしょうね。
セブンが職場であんまり好かれてなくて、でも大隊長の身内だから無碍にもできないし
だけど目の上のたん瘤だから、えっ地球に行きたいの?あっそう行ってらっしゃーい☆彡
みたいな感じだったんでしょうか。
後もともとのカプセル怪獣も使えない子ばっかりでしたけどセブンガーに至っては
嫌がらせ以外の何物でもないしほんとに当時のセブンは冷遇されてたんですねえ。
面白ぇwwwwww

あらかじめレオがセブンの事を知っていたという点ですが
セブンがあまりにもアレ過ぎてL77星が兄弟星とはいえ
惑星間レベルでその所業が伝わってたとするとなかなか怖ろしいものがあると思いますw
まあレオは王子でしたからそういう情報は真っ先に入ってくるんでしょうが。
私のように心が穢れていると「げっ地球にセブンいるのかどうしよう行くのやめようかな」
なんて思ってしまいますが素直なレオはそんなこと気にしないんですよねw
スポーツクラブで働こうと思ったあたり生粋の体育会系ですしね。

>明日のない星と知っても(ry
ちょwwww宇宙海賊wwww諦めちゃってる前提とかウルトラマン的にそれダメでしょセブンさん!

さてMACの戦闘配備についての感想です。
なるほど、地球に星人、怪獣を侵入させないのが大前提での防衛態勢ですか!
MACステーションが4つある事も踏まえるとすごくしっくりきました。
(でもじゃあレオはどうしてその網をくぐって1ヶ月も地球で
のうのうと暮らしてたんだという新たな疑問も出てきますがwていうことは
星人に地球に侵入されても地球人に擬態されたらお手上げなんじゃ…うーん)
とりあえずセブンが地球で戦ってる時は、ダン隊長は部下のMAC隊員に対して
あの顔が銀で身体の赤いのは放っとけむしろ援護しろと言い聞かせていたんでしょうかね。
いずれにしろ「そもそも敵を地球に来させない、レオはそれをミスった時の話」は
目から鱗でした!

改めてYoutubeでレオ1話を見てみましたが、「あれはマグマ星人の仕業で…!」と
ゲンがダンに食って掛かる所を見て、口が悪くないだけで若くて血気盛んな所は
あのクソガキ…もといゼロとかなり被る感じかなーと思いました。
親としては息子を鍛えるのに頼れる相手がレオしかなかったのかもとはいえ
レオ自身も思う所があったのかも知れませんね。

文章が長くなりました。面白い考察をして頂いてありがとうございました。

投稿日時 - 2015-01-25 11:44:54

ANo.1

所詮は子供向け番組なので、ストーリーの細かい所までは制作側として考えて居ないでしょう。
あれこれと想像するところが大人になってからは面白いかも知れませんがね。

ただ、このシリーズではストーリー性も高くファンの多いウルトラセブンを邪見に扱った事の方が腹立たしいです。
だから1話で観る事を止めましたので、ウルトラセブンを邪見に扱った事以外覚えていませんので求めて要る回答には為りませんが。(笑)

投稿日時 - 2015-01-24 14:38:06

お礼

回答ありがとうございます。

レオはリアルタイムで見た時小学生だったのですが、
当時は細かいところまではわからないものの、
モロボシ・ダンのキャラの変わりっぷりにびっくりしたという思い出があります。
というか、1話はなんでウルトラセブンがいるの?な感じだったんですがw

私もにわかながらセブンフリークですので
邪険にされてムカついたというお気持ちはよーく分かります。
ただ私はそれでも続けて観て、まず途中で主題歌が変わった事に激しくショックを受け
(やっぱり前期主題歌は最高です)
更に円盤生物でトラウマを被るという当時の少年少女が通る道をやっぱり通ってきまして
結局最後まで観てしまいましたw
大人になってから、関連書籍などで制作の過程を知ったりして
まあ致し方なかったのかなあと思えるようになりました。

あと敢えてセブン絡みで言うなら、ひし美ゆり子ゲスト回の時
「あの女性は本当にアンヌだった」という事にしてしまえばよかったのに
というのが今でも引っかかっています。
女目線だと恋愛ネタにはどうしても敏感になってしまいますのでwww
…あ、そこでもセブンは邪険に扱われていますね。

少し脱線しましたでしょうか、申し訳ありません。

投稿日時 - 2015-01-25 07:35:52