こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

富士山はいつか大噴火するのは決定事項なのでしょうか

地球が生きてる限り可能性はありますか?

投稿日時 - 2016-06-26 22:33:21

QNo.9193371

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私が小学生のときは理科の授業で「かつては火山活動があったが、もうなくなった山」のことを死火山と呼んでいたのですが、今は研究が進んで「死火山などというのは存在しない。あるのは休火山と活火山だけだ」ということになっているようです。
なにしろ火山活動単独で日本一の高さにまで登りつめたお方ですぜ、フジさんは。いつ本気を出すかだなんて誰にも予想はできません。

投稿日時 - 2016-06-27 19:15:08

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-07-03 22:07:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

死火山でない以上は、噴火する可能性は高くなります。
そして噴火してない期間が長いほど、噴火の規模は大きくなるようです。
最後の噴火は、確実なのが1511年、それらしき文書のあるのが1700年で
300年~500年は噴火してないことになります。

もっとも死火山自体、木曽御嶽山の噴火(1979年)で、死語になってしまいましたが。。。

投稿日時 - 2016-06-27 00:15:02

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-07-03 22:07:29

ANo.3

そんなことを決定できる政府機関は存在しません。
地球も生物ではありませんから生きているわけではないと思います。
マグマを中心部に持っているボールにすぎません。

確率として、噴火する可能性がゼロではないというだけです。

投稿日時 - 2016-06-27 00:08:18

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-07-03 22:07:32

科学的な深い知識を持っていませんので、間違っていたらすいません。

決定事項(100%)とは言えませんが、確率的には十分あり得るという感じだと思います。

数億年という単位で言うと、富士山や日本の形も変わっていると思いますので、もしかすると別の場所の噴火になるかもしれませんね。

投稿日時 - 2016-06-26 23:58:24

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-07-03 22:07:36

ANo.1

決定事項ではないですが、可能性が0でないしいつ噴火してもおかしくはないと思います。

投稿日時 - 2016-06-26 23:27:32

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-07-03 22:07:40