こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

保険契約の納得のいかない転換について

父の保険契約で相談です。
先日、父が他界し、これから保険金の請求をしますが、過去の契約転換の経緯に疑問を抱いています。

当初、保険金5000万円の契約でしたが、転換を求められ、納得いかない理由で保険金を2000万円に下げられました。
さらに、その後、健康診断で心臓が要検査となり、結果問題はなかったのですが、検査したことを理由に550万円に下げられました。

過去に遡り、保険金を5000万円に戻してもらうことは可能でしょうか。

お分かりになる方、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2017-11-06 23:56:20

QNo.9394511

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/change/conversion_system.html

こちらに説明があるように、保険契約の転換とは、言い換えると「古い契約を破棄して新しい契約を結ぶ」という形式になります。
転換したときに古い契約は破棄されるので、5000万円の保険金の契約は存在していません。

おそらく古い契約が保険会社にとって不利な契約になっていたので、こっちのほうがトータルではお得になりますよとかどうとかいわれて保険会社にとって都合の良い契約に切り替えられたのだと思います。
しかし経緯がどうあれ、お父さんがサインしてハンコを押しているので「全ては納得したうえで契約した」ということになっています。
ことお金に関しては「聞いていなかった」「知らなかった」というのは、通らないんですね。よくお金に関するクレームで「私はそんなの聞かされていない」とかいう人がいるのですが、私は内心「こっちが損をするような話をこっちが進んでするわけがないじゃないか」と思っておりましたよ。納得できなかったら、ハンコを押しちゃダメ、ゼッタイ。

投稿日時 - 2017-11-07 14:11:10

ANo.1

被保険者であるお父様が亡くなっていてはどうしようもないですね。
死人に口なしです。
保険会社に勝ちたければ裁判するしかないけど、まず勝ち目はないです。
保険会社というのは如何に保険金を少なくできるかしか考えていません
からね

投稿日時 - 2017-11-07 02:06:31