こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

将来、何の職業に就職できるか分かりません。

高校1年男子です。
東京にあるSSH・ス-パーサイエンスハイスクールに在学中です。
模試等を受け、先生は東京農工大学になら
入れると言っていました。
農工大には
生命科学科
応用分子化学科
有機材料科学科
科学システム工学科
機械システム工学科
電気電子工学科
情報工学科
が、あります。
どの科に進むかは決めていないです。
どの科に進んだらどのような職業に有利なのかまったく分からないからです。
分からないから、どの科に進んだら良いのか分からないし、
何になりたいという目標もありません。
それぞれの科に進むとどのような仕事に就職できるのか
分かる方がいらっしゃいましたら、教えてください。

投稿日時 - 2017-12-02 16:47:01

QNo.9403667

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

何になれますか?よりも、何になりたいかです。
東大法学部という「法曹関係に進みそう」なところから、プロ野球選手になる人だっているんです。工学系に進んだから、事務職にはなれないというわけではありません。

漠然とでも構わないので、「何をしたいか」を探してください。医師、看護師、薬剤師のように「学校に通わないと資格が得られないもの」以外なら、それに近しい分野の学校・学科を選べばよいのです。その途中で方向転換するかもしれませんが、少なくとも進んだ先の知識が全部無駄になるわけではありません。


東京農工大でいけば、大きく分ければ「農学部」と「工学部」です。学部卒後は大学院進学、官公庁へ進むなど、それなりに「上」を目指せる環境にあります。

農学部関係では農業関係のほかに動植物関係の進学先が豊富にあると考えられます。生物生産学科は直接農業に直結するような学問を修めます。この地域にはこういう特産品があって、これはどういう理由があって・・・とかそういう部分です。
応用生物科学科はバイオテクノロジーや遺伝子学を修めます。遺伝子組み換え食品や農薬といった分野に強いでしょう。
このように、大学のそれぞれの学部・学科のページで、「どういう講座が開かれているか」を見て、それが「普段自分が使っている、目にしているもののに関係しているか」から、自分のニーズに合っているかを確認してください。
優秀であれば、どの学科でもその専門分野の官公庁へ入庁することもできるかもしれません。(農学部なら農林水産省、工学部なら文部科学省などが視野に入るでしょう)

漠然とこれにいけば何になれる?では、ここでも回答は得られないです。
自分が「何になりたい」「こういうのをやりたい」から、「この大学でやれそう?」という道筋までないと、難しいでしょう。
職に結びつかないなら、「自分のやりたいこと、学びたいこと」のある学科を目指してください。「遺伝子工学をやってみたい」でも「治水を学んでみたい」でも構いません。オープンキャンパスに行ってみても良いでしょう(別に高1はダメってわけでもないです)。

投稿日時 - 2017-12-02 17:25:32

お礼

官公庁なんて思ってもみませんでした。親もびっくりしていました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-12-05 00:01:04

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

nono2929 さん、こんばんは。

どの道に進んでもこの世の中勝ち組として生きていけますよ。ただ、ス-パーサイエンスハイスクールであなたはどんな専攻をしていたんですか?それがわからないとアドバイスもできません。

投稿日時 - 2017-12-02 18:06:02

補足

回答ありがとうございます。私はナノテクノロジーNTを専攻しています。

投稿日時 - 2017-12-03 01:14:12

お礼

ありがとうございました。情報不足で申し訳ございませんでした。

投稿日時 - 2017-12-04 23:59:55

ANo.3

 文化祭などに行ってみたり、公開講座を受けてみてはどうでしょうか。

投稿日時 - 2017-12-02 17:59:23

お礼

オープンキャンパス行ってみたりしてます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-12-04 23:58:46

ANo.1

そんなことわかる人は誰もいません。確実なのは、優秀な方なのですから選択肢は多いということです。その中から自分で選んでいかなければならず誰も責任は取ってくれません。専門外の分野に就職している人というのもいくらでもいます。

投稿日時 - 2017-12-02 16:51:58

お礼

ありがとうございました。参考にいたします。

投稿日時 - 2017-12-04 23:57:12