こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

電源プラグ

電源プラグには、感電や火災の原因になる警告に、次の4つがあります。
1.水のかかる所では使わない。
2.コードは器具の消費電流にあったものを使う。
3.はんだ付けした心線は使わない。
4.端子ネジはしっかり締めつける
とあります。
この中の3番で質問ですが、なぜ、はんだ付けした心線はいけないのでしょうか?また、端子ネジに、銅線がばらつかないように、はんだ付けはいけないのでしょうか?教えて下さい。

投稿日時 - 2018-02-16 22:44:45

QNo.9429769

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>この中の3番で質問ですが、なぜ、はんだ付けした心線はいけないのでしょうか?また、端子ネジに、銅線がばらつかないように、はんだ付けはいけないのでしょうか?教えて下さい。

はい、その通りになります。
電線に使われている銅の芯線は、柔らかいもので、端子の締め付け時に、変形して密になることを期待した設計になっています。

半田上げした電線を使った場合、半田によって芯線がまとまって硬くなりますので、ねじ止めした時に、角などが当たって固定される可能性が高くなります。
この場合、の接触は、点接触になりやすく、熱を持つ原因になります。
はんだは熱を持つと柔らかくなります。
この時、角などが柔らかくなって潰れた時、ネジはそのままですから、電線に緩みが発生し、抜けたり接触不良による発熱などが起こる可能性があります。

なので、半田あげはしないようにとなっています。

投稿日時 - 2018-02-17 03:40:07

お礼

端子の締め付けだけで良いという事ですね。
ありがとうございましす。

投稿日時 - 2018-02-17 13:03:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

他の回答者への補足になりますが。

電気工事士の資格が必要な範囲を勘違いされている人がいますので、

電気工事士の資格が必要な範囲は、家庭の場合、
家の電柱からの電線の接続点から、壁などに埋め込まれているコンセントまでの工事や、コンセントなしで接続されている部分の工事が、資格がない人のやってはいけない範囲になっています。

壁のコンセントに接続するコンセントプラグ(差し込む側)の作成や延長コードの作成、機器についているコンセントプラグの交換は、電気工事士の資格は必要がありません。

投稿日時 - 2018-02-17 13:33:33

お礼

判りやすい説明、ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-02-17 21:19:24

素人の配線作業は禁止されています。火災が起きた場合保険おりません。

投稿日時 - 2018-02-17 08:38:17

お礼

知りませんした。火災が起きた場合保険がおりないとは。
注意して作業を進めたいとおもいます。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-02-17 13:09:56

ANo.1

.3.はんだ付けした心線は使わない

この場合の半田付けとは、切れたコード相互の心線を
半田付けで補修したものはいけない、ということです
電技解釈、第12条【電線の接続法】で
コード相互を接続する場合はコード接続器を使用すること
と規定されて、半田付けではなくコードコネクタ―等を使用します

投稿日時 - 2018-02-16 23:42:09

お礼

切れたコード相互の心線の半田付けは、いけないという事ですね。ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-02-17 13:07:01