こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

カフェ未経験者が読むべき本、行くべき場所

はじめまして。

件名のとおりですが、飲食経験がない人が読んだり行くのにおススメの場所は有りますか?
解説本などはたくさんありますが全くの未経験者にはもう少し噛み砕いた内容がほしいと思います。

「まずは働いてみればいいじゃん!」という回答もごもっともですが、
今の仕事も手放せないので、その中で出来ることを探しています。
周りでは経験者を巻き込んでオープン、みたいな人が多いです。

※OKWAVEより補足:「店舗の開業準備はcanaeruにお任せください!」コミュニティから投稿された質問です。

投稿日時 - 2018-02-17 20:07:00

QNo.9430014

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

飲食経験がないわけないですね。
というか、客としてカフェにいったことがないならば手を出すべきではありません。

コーヒー一杯飲みにはいるだけでいろいろなことがわかります。それは面白いように。これは寿司屋に入ったりラーメン屋に行くのとは違うことが見えるということなんです。
寿司とかラーメンとかは、それを食べることをほとんど唯一の目的として入る店です。つまり勝負所はものがうまいかどうかが中心にあってその上なんだということになります。

ところがカフェはそうではない。コーヒーを飲むというのを第一目的に入る人間がいないことはないけど、食事の店のように命をつなぐ糧を取る場所ではありません。ここに入るのは、時間つぶし、打ち合わせ、事務的な軽作業のためがほとんどです。
これを勘違いする店主が結構いて、珈琲にこだわり、豆や焙煎に凝り器に凝りさらに能書きたれをするのです。

目が覚めるようにうまければそりゃ客も関心しますし、また来ようかなともおもうかもしれないけど、入るたびに、どんな顔して飲むかを凝視されたりすると居づらいですね。

そして、豆の産地のこぼれ話だとか命を救った珈琲のエピソードだとかを得々とマスターが説明するようになると、自分がそこでやりたい見積もりの比較だとか提案書の検討ができなくなります。打ち合わせをしたいのに話題がだせなくなり、女性を口説きたいのに割り込みで女性の気持ちをとられてしまったり。
店が邪魔になるのです。

そういうことを理解できないマスターというのが世の中にいます。
もちろんびっくりするようなうまい珈琲はあって悪いものではありません。
それを出してもらったら絶賛もしますしマスターをおだてることもします。
しかし、マスター側で制御権を握られると困るのです。

自分の趣味というか道楽の果てに店を開店したような話がまずいのです。

こんな話はどんな本にも書いてありません。自分の体で経験しないといけないのです。

本を読んで研究できるのはマーケティングの方法とか市場の分析のやり方であって、それはべつにカフェに限った話ではありません。

一番まずいのは、自分でカフェを開店して支持者と思われる客を持っている店主の能書き本です。書名はいいませんが、全編自分の苦労話つまり自慢話でさらにおめーらしらないだろうという豆のうんちく話だけというやつです。

投稿日時 - 2018-02-19 01:00:20

ANo.1

書籍として見つけることは出来ませんでしたが、
ポイントとなるのは「需要の見極め」だと思います。

Googleなどでの検索キーワードで、
起業 需要 見極め
カフェ 失敗 こだわり
ドッグカフェ 失敗 こだわり
などでヒットする記事を参考にするのはいかがでしょうか。

その中で以下は良さそうな記事だと思います。
http://toyokeizai.net/articles/-/200982
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54136

よくあるカフェの失敗ですと、立地の需要すら考えず
自分のこだわりだけで経営してしまうことが、
その要因になりやすいようです。

内装や設備には一切お金をかけないくらいに
こだわりは棄てて、利益を重視した
ドライな考えでないと継続は難しいと思います。


アジア地域から日本に来て、飲食店経営をする事例は
けっこうあるようです。
そのようなお店の場合、居抜きでDIYの範囲で
変更や修正をしている所がありますから、
そのようなお店を見て回るなんてことも、
参考になるかもしれません。

参考にならなかったらごめんなさい。

投稿日時 - 2018-02-18 23:49:30