こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

劇団四季の研究生オーディションを受けたい。

劇団四季の研究生オーディションを受けたいと考えています。

私は音楽大学の一年生でクラリネットを専門にしています。副科で声楽を学んでいます。
四年間声楽は続けるつもりです。
三年生からのコース選択では、ミュージカルコースを選択しようと思っています。
ミュージカルコースでは、身体表現(と言う名のバレエ基礎)、ジャズダンス、モダンダンス、リトミック、演劇概論、演劇史などを学ぶことが出来ます。
どこまで専門的に深められるかは不明ですが、全てを深めることはおそらく出来ないと思っています。

卒業する時に、オーディションを受験したいうと思っているのですが、学校での授業だけのレッスンで受けるのは、おかしいでしょうか。
音楽大学なので、音楽学や声楽はしっかり学べるのですが、バレエやダンスの方はそこまで専門的に深めていくことが出来る訳ではないと思います。

投稿日時 - 2018-04-22 14:40:19

QNo.9491216

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

劇団四季は芸大や音大出の方は大勢います。そのなかで声楽からの方の奥はダンスができない方はいます。声楽で合格してからダンスの特訓となるようです。
 あの石丸幹二さん、音大から東京芸大の声楽へ進み3年の時にオーディション合格しています。その時に初めてぴったりの稽古着を着て恥ずかしかったそうです。
 劇団四季は即戦力をとります。外で活躍されている方はすぐに舞台ですが、多くの方は研究生として四季の勉強します。母音法とか呼吸法などなど。
 そのなかでできる方が、3ヵ月ほどで初舞台です。学校出たてとか経験が足らない方はほとんど研究生になります。
 今の主役役級の方でも1発で受かる方はまれで、2度3度と受けられての合格だそうです。 
 オーディション1000名の応募者とすれば半数が書類検査でおち、1次審査で200名ほどに。最終審査でさらに絞られて合格者、研究生合格者が発表されます。
 今は確かに研究生のみのオーディションも開催されます。

投稿日時 - 2018-04-24 00:30:56

ANo.1

おかしかないと思いますよ。芸能の世界は肩書は通用しない実力主義です。実力があればいいのですよ。
でも劇団四季は、ミュージカルやダンスの業界では「四季にいました」というと一目置かれるくらいの入るのも難しいところです。ブランドでいえば、宝塚の次くらいなのではないでしょうか。研究生ならそんなに難しくないかもしれませんが、なりたいのは研究生ではないですものね。

投稿日時 - 2018-04-22 19:34:22