こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

抵抗測定4端子法と電圧発生源4端子法の違い

4端子法について、教えてください。抵抗測定時に電線等の存在する抵抗分をキャンセルする為に、4端子測定を行いますが、電圧発生源で行われる4端子法とは、方法は同じだと思いますが、考え方が微妙にちがうのでしょうか。電圧発生源の場合、ターゲットとする箇所で、指定した電圧を発生させたいために、センス側で電圧を読み、フィードバックしますが、センス側に抵抗成分があると、指定した電圧となりません。

投稿日時 - 2018-05-12 12:17:26

QNo.9497649

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

まず、参考 URL の「システム概要」にある接続図をご覧ください。

>電圧発生源の場合、ターゲットとする箇所で、指定した電圧を発生させたいために、センス側で電圧を読み、フィードバックしますが、センス側に抵抗成分があると、指定した電圧となりません。
   ↓
センス側にある抵抗成分とは、参考 URL の接続図の「計測電源」と「測定試料 (DUT) 」との間に直列挿入したのですか?
もしそうなら、指示電圧の低下は当然のような気がしますけど。

それとも…?
  

参考URL:http://www.adcmt.com/techinfo/product/intro/i_seimitsu.html

投稿日時 - 2018-05-16 18:44:39

ANo.1

本件で想定してる4端子法は↓の
https://www.akaneohm.com/column/lowmeasure/
「3. 4端子法の正しい測定方法」
「図4 正しい4端子測定 図5 間違った4端子測定」

の、どちら側の測定なのでしょう?
上記サイトでは図5は”間違った”と記載してますが
必ずしも間違った方法でなく
概ね、数千ミリΩ以上のただの抵抗を測定するなら間違ってはいない
間違ってるのは数ミリΩ以下の低抵抗の測定です

本件のタイトルはただの抵抗であって低抵抗と記載してないし
ただの抵抗なら4線式2端子でも構わないし

前回の質問の回答4氏は4線4端子法についてだけど
https://okwave.jp/qa/q9497572.html

4端子プローブ
http://test-probe.jp/product/kelvin_probes/4.html
https://www.marutsu.co.jp/contents/shop/marutsu/mame/132.html
4線式ではあっても2端子だけど?

抵抗率計測用の四探針法
https://www.mccat.co.jp/instrument/resistivity-meters/ghlup2.html

何ミリオームを計測したいのか?
その辺りをはっきりさせないと先に進めないと思う

そもそもミリオーム計測するのに
5千ミリボルトの超高電圧を印加するのも如何なものか?
なので、少なくともミリオーム計測するのではないと推定できるけど

投稿日時 - 2018-05-12 18:10:15