こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

input clamp voltageとは

SN74247のデータシートでinput clamp voltageという項目があったのですが、
どのような特性のことを言っているのか分かりません。ネットで調べるとズバリは出てこず、input clamp currentという言葉はヒットして、これは「入力電圧が電源電圧範囲外において入力端子に流れ込んでも差し支えない電流の最大値。」と書いてあったため似たような意味なのではと思うのですが、どなたかご存知ありませんでしょうか?

投稿日時 - 2018-05-12 18:55:43

QNo.9497739

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No.1,No.3です。
ANo.3の補足コメントの回答。

>回答の最後に記載いただいた「TTL ICのLレベル出力電圧VIL=VIK=1.5 V>MAX0.4 V 満たせなくなった・・・」の部分が分からずにおります。VIK=MAX1.5Vを超える電圧が発生した場合に74247の入力端子に接続されているICが壊れるということを記載されていると思っているのですが、ここで言っているMAX0.4Vとは何の数値でしょうか?

標準TTLの共通仕様ですが, LレベルVLの電圧範囲は
入力が VIL=MAX 0.8 V, 出力が VOL=MAX 0.4 Vとなっております。
この差の0.8-0.4=0.4 Vはノイズマージンと呼ばれています。
ちなみに, HレベルVHの電圧範囲は
入力が VIH=MIN 2 V, 出力が VOH=MIN 2.5 Vとなっております。
この差の2.5-2.0=0.5 Vはノイズマージンと呼ばれています

なお, 出力のファンアウトを使い切ったときのLレベルの上限がMAX 0.4 V = (シンク電流の合計がファンアウトを使い切ったときのLレベル出力VOL) となります。

VOL=MAX 0.4 Vは 標準的なTTLのLレベル出力の共通仕様です。

>VIK=1.5Vを超えるような電圧が発生したときは、シンク電流が-12mAを超えるような電流が流れ出てしまいVIL=MAX0.8Vが満たせなくなるというのは

正確にはVOL=MAX0.4Vですね。 VIL=MAX0.8Vの内の
VIL-VOL=MAX0.4 V はノイズマージンですね。

>手前に記載していることもあり、あと何を注意した方がいいと教えていただいているのか分からなくなっております

SN74247のデータシート以外にも, SN74シリーズの規格書(マニュアル)でTTLの共通仕様も目を通した方がいいです。TTLの解説書なら載っているはずです。

投稿日時 - 2018-05-13 18:13:12

お礼

何度も質問に答えていただき、ありがとうございます。
おかげでスッキリすることが出来ました。
TTLの解説書も確認してみます。

投稿日時 - 2018-05-13 20:41:48

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

No.1 です
ANo.1の補足コメントの質問の回答

SN74247
出力はOpenコレクター(MAX15 V, Io(on)=MAX40 mA)

>データシート上で、MAX1.5Vと記載されていましたので、
通常の使用状態では Lレベル入力電圧VIL≦MAX0.8 V

>テスト条件
>Vcc=MIN (=4.75 V)
>,IL=-12mA (シンク電流 | IL |≦ MAX12 mA) のとき

定格入力電圧VIL=MAX0.8 V
入力制限電圧VIK=MAX1.5 V

>1.5V以上電圧を加えてはいけないということでしょうか? 
違います。1.5V以上の電圧を発生させるような過大なシンク電流を流出させてはいけないということです。

>VIL=MAX0.8Vと記載されていたため、つじつまが合わない気がしております。
入力端子にはLレベル電圧が接続されている場合ですから,
シンク電流を前のIC 出力に流し込んでいるケースです。

>お手数ですが、もう少し詳しく教えていただけないでしょうか?

シンク電流IL= -12 mA を超えて流し出すことにより, 入力VIL=MAX 0.8 V
を超えてしまい, さらに入力VILが入力制限電圧VIK=MAX1.5 Vを超えるようなシンク電流を流し出させると, TTL ICの入力端子の内部回路が壊れる事を意味します。
また, 入力制限電圧VIK=MAX1.5 Vを超えるようなシンク電流を流し出すと, 入力端子に接続するTTL ICのLレベル出力電圧VIL=VIK=1.5 V>MAX0.4 V 満たせなくなったり, TTL ICの出力端子に過大なシンク電流を流入させることによって TTL ICの出力を発熱させ破壊させる原因となる。

おわかりいただけただろうか ??

投稿日時 - 2018-05-13 03:55:51

補足

詳しくご回答いただき、ありがとうございます。
私の理解が間違っていたことが分かりました。
ただ回答の最後に記載いただいた「TTL ICのLレベル出力電圧VIL=VIK=1.5 V>MAX0.4 V 満たせなくなった・・・」の部分が分からずにおります。VIK=MAX1.5Vを超える電圧が発生した場合に74247の入力端子に接続されているICが壊れるということを記載されていると思っているのですが、ここで言っているMAX0.4Vとは何の数値でしょうか?
VIK=1.5Vを超えるような電圧が発生したときは、シンク電流が-12mAを超えるような電流が流れ出てしまいVIL=MAX0.8Vが満たせなくなるというのは手前に記載していることもあり、あと何を注意した方がいいと教えていただいているのか分からなくなっております。
丁寧に回答いただいたのになかなか理解することが出来ず、申し訳ありません。

投稿日時 - 2018-05-13 12:58:00

ANo.2

確認しましたが、それはデータシートが間違っています。
正しくは-1.5Vです。
等価回路の入力端子の保護ダイオードのVF値です。
(入力に負電圧が印加された時の保護用)

投稿日時 - 2018-05-13 01:20:20

ANo.1

入力制限電圧のこと
それ以上の入力電圧を入力端子に加えてはいけない電圧のこと。通常, 定格電圧の110%程度。

投稿日時 - 2018-05-12 19:48:26

補足

ご回答いただき、ありがとうございました。
では、データシート上で、MAX1.5Vと記載されていましたので、
テスト条件Vcc=MIN,II=-12mAのときに1.5V以上電圧を加えてはいけないということでしょうか? VIL=MAX0.8Vと記載されていたため、つじつまが合わない気がしております。お手数ですが、もう少し詳しく教えていただけないでしょうか?

投稿日時 - 2018-05-12 22:08:18