こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

電気の話「電圧端子を内側にする理由は電圧の方がノイ

電気の話「電圧端子を内側にする理由は電圧の方がノイズを拾いやすいから内側に取り付けているのでしょうか?」は違います。電流端子に電流が多く流れると、そこに接触抵抗が僅かでもあれば、測定される電圧がその影響を受けます。電圧端子を電流端子よりも内側にすれば、電流端子に接触抵抗があってもその影響を受けなくなり、正しく測れますから」

もうちょっとで理解できそうですが、なぜ電圧は抵抗があっても影響を受けないのですか?

なぜ電流は抵抗があると影響を受けるのですか?

V=IR
I=V/R
R=V/I

これで説明できるのですか?

投稿日時 - 2018-06-13 23:23:42

QNo.9508100

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 御質問の意味がよく分からない部分もありますが、質問履歴から 4端子法による低抵抗の測定法のことだと判断して回答してみます。
 まず通常、測定の理論や原理の説明は、オームの法則が成り立つということが前提です。直流回路のオームの法則による計算で全て分かります。
 4端子法の原理の回路図では、電圧端子を内側にしてある図が多いようですが、内か外かは関係ありません。どちらでも同じです。
 以下の参考サイト
 「低抵抗の測定方法と取扱い注意事項」の
 「2. 測定方法 -2端子法と4端子法-」の回路図と「3. 4端子法の正しい測定方法」の実際の測定方法の図を比べて見てください。
 https://www.akaneohm.com/column/lowmeasure/
 電流源、被測定抵抗、リード線、端子などで作られる直列回路の被測定抵抗に並列に電圧計を接続すればよいのです。
 被測定抵抗と電圧計を並列に接続すると、電圧計の内部抵抗は非常に大きいので、流れる電流は非常にわずかで、電圧端子の接触抵抗による電圧降下や、電圧計を流れる電流による誤差は、2端子法による、接触抵抗による誤差に比べれば、ほとんど無視できると言うことです。

投稿日時 - 2018-06-14 17:06:50

お礼

みなさんありがとうございます

投稿日時 - 2018-06-14 18:09:32

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

貴方が言った合格したという「一級電気工事士試験」に出てくることです。
何故合格していているのに分からないのですか?

投稿日時 - 2018-06-14 09:58:08