こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ステロイドについて。

リンデロンVGとプロペトの混合薬と、メサデルムクリーム単体だと、混合薬の方が強さは少し弱まりますよね??

そもそもリンデロンVGとメサデルムクリームって何が違うのでしょうか…??

どちらも生後4ヶ月の赤ちゃんの腕の湿疹に処方されました。
前回行った時はリンデロンVGとプロペトの混合薬が処方され、今回はメサデルムクリーム単体でした。

投稿日時 - 2018-06-16 11:02:38

QNo.9508832

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

こんにちは。ステロイドの塗り薬であるという共通項があるのに薬が変わると「どうして変えたのか?」と疑問に思うこともありますね。

まずリンデロンVGとプロペトを混合したものとメサデルムクリームの「強さ」について説明します。

リンデロンVGは1~5まであるステロイド外用剤の強さの中で3番目(真ん中)の「strong」というレベルものですが、実はメサデルムも同じstrongのステロイド外用剤です。
それならばプロペト(ワセリン)で薄めてある混合の軟膏のほうが強さとしては弱くなるのではないかと思われるでしょうが、これが実は違います。

詳細な理由の説明は割愛しますが、ステロイドの軟膏剤はプロペト等で薄くしても16倍まではステロイド剤としての強さは変わりません。

ではなぜ薄めるのかというと、ステロイド剤の強さはそのままに、ステロイドの総使用量を抑えることができるためです。

プロペトとの混合ということで、リンデロンVGは軟膏だったのではないかと思いますが、軟膏とクリーム剤の使い分けも関係してきます。
軟膏とクリームの特徴を挙げます。

軟膏:
・皮膚保護作用があり、傷などに使いやすい
・ジュクジュクしている箇所にも使える
・乾燥しているところにも使える
・ステロイドの皮膚透過性が低い(クリームに比べると効き方がマイルド)
・ベタベタして使用感はあまりよくない

クリーム:
・伸びがよく使用感がいい
・乳化させるための添加物や保存料が入っており、傷などには刺激になるため肌の状態によっては使用できない
・皮膚透過性が軟膏に比べて良い

また、ステロイド外用薬は皮膚の状態によって使う薬が変わってくるためステロイドの強さだけでは一概に比べることはできません。


今回のケースについて医師の意図を想像しますと、

・リンデロンVG軟膏とプロペトの混合を処方したとき
リンデロンVG軟膏にはステロイドだけでなく抗生物質も配合されており、傷に対する化膿止めも兼ねています。
このことから、この時はプロペトによる保湿とステロイドによる抗炎症作用によって皮膚のバリア機能の回復を狙ったのだと思います。
また、プロペトと混合することである程度の期間続けて使用してもステロイドの使用量が抑えられるため、しっかりと皮膚機能を回復させてから次の治療に移ろうとしたと考えられます。

・メサデルムクリームを処方したとき
リンデロンVG軟膏とプロペトの混合物からメサデルムクリームに変更されています。
このことから、まずクリームが使える程度には皮膚の状態が回復したと判断されたということが想像できます。
皮膚のバリア機能は回復したものの、まだ炎症は続いていることから同じ強度のステロイドを選択したと考えられます。
次にメサデルムを選択した理由ですが、これはクリームとしての使用感の違いや、肌の状況を見ての判断かと思います。


ステロイドの成分は非常に微量で軟膏やクリーム剤のほとんどは有効成分を溶かすための「基材」というものです。
この基材の特徴が塗りごこちや皮膚への刺激になるか、伸びはどうかといった特徴につながります。

例えばリンデロンVGには軟膏とクリームがあり、メサデルムにも軟膏とクリームがあります。
リンデロンVG軟膏とメサデルム軟膏は同じ「軟膏」という基材を用いていますが、その硬さや伸ばしやすさ、べたつきの度合いなどに差があります。

当然ですが、リンデロンVGクリームとメサデルムクリームにも使用感の差はあります。

このように、皮膚外用薬は使う部位や肌の状態によって細かく使い分けられています。

質問者様のお子様に使われたそれぞれのステロイド外用剤を選択した理由は想像の域を出ませんので、他の回答者様も仰っているように疑問点は担当医に直接聞くのがいいでしょう。
院内の薬局で薬を受け取るケースであれば薬を受け取る際に聞いてみるのがいいでしょう。
院外の薬局の場合はその薬局の薬剤師にお尋ねください。薬の変更について医師から説明がなかった場合などには薬局から確認してくれます。


ご参考になりましたら幸いです。お大事になさってください。

投稿日時 - 2018-06-18 09:38:26

ANo.2

どちらも長期、広範囲に使用は注意です
医師はそれを考慮して処方していると思います
医師に相談するべきです

http://www.eminori.com/mdb/kounou_00205001003001.asp?kcode=2646726N1023&kinou=重要な基本的注意

http://www.eminori.com/mdb/SIKTBL_N02_2080302.asp?%90%B3%8E%AE%96%BC=%83%8A%83%93%83f%83%8D%83%93&Operator=1&CB2=%93%FC%97%CD%8A%AE%97%B9

投稿日時 - 2018-06-17 10:06:02

ANo.1

【前回行った時はリンデロンVGとプロペトの混合薬が処方され、今回はメサデルムクリーム単体でした。】

こういうことは、きちんと処方先に質問。

【リンデロンVGとプロペトの混合薬】
プロペトはワセリンです。
薄まるかどうかはもとの含量との比較ですから、なんとも言えないです。、
メサデルが単体?だからより濃い?とも言えない。

’単体’というなら、両方とも単体です。

違うのは、メサデルのほうがより、「局所残存時間が長い」を特徴を売りにしていることです。

塗るということでのステロイドは、塗ったところで効き目がなくちゃ意味がなく、吸収されないのはよりベターという考えがもとにあるからでしょう。

投稿日時 - 2018-06-16 14:04:28