こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ビルトインスタビライザーの式について

マスグレイブ=ミラーの安定化指標αは、何のために計算するのですか?
乗数が小さければ経済が安定します、と、それだけでよさそうなものを、何のために乗数の割合を計算するのか、良く分かりません。

現状私の理解は下記の通りです↓
「マクロ経済モデルにおいて、乗数値が大きいほど景気循環における好況と不況の振幅の幅は大きく、逆に乗数値が小さいほど振幅の幅が小さくなる。不況時と好況時の景気の差が小さくなる為、乗数が小さいほど経済は安定的になる。ここで、税制の違いによる乗数値の割合を求めるのがマスグレイブ=ミラーのビルトイン・スタビライザー指標であり、政府が固定税を採用する時よりも、比例税を採用する時の方が、乗数値は小さくなり、ビルトイン・スタビライザー指標は大きくなる。」

ご説明くださる方がいらっしゃいましたら、お願い致します。

投稿日時 - 2018-07-18 04:04:40

QNo.9519321

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

https://asocs.co.jp/course/seinan-u/wp-content/uploads/sites/3/2018/03/2018_0305%E7%B7%8F%E5%90%88%EF%BC%88%E8%B2%A1%E6%94%BF%E5%AD%A63%E5%9B%9E%E7%9B%AE%EF%BC%89.pdf

こちらに・・・ビルトインスタビライザーについて・・・
結構詳しく書かれてますが・・・参考になりません?><

投稿日時 - 2018-07-18 11:43:52

お礼

ご回答ありがとうございます。
おおー、何と詳しい資料でありますことか!

乗数が小さい=ビルトイン・スタビライザー指数大きい=経済が安定とも書かれていますが、増税によって投資も減少することにも触れられていますね。
この指数が、増税を強く肯定する為だけに作られたのか?という疑念は解消しました。

でも、何のための指数なのか?は、やはりまだはっきりしません。
勉強致します。


ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-07-18 22:21:21

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)