こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

双極の二つの針電極を用いたイオン風発生器について

とある英語論文を読んでおり,下装置(針電極でイオン風を発生させ下流にあるホットワイヤでイオン風の速度を測る)の内容を説明する下の文章より,

(1)針電極の先端から12.5mm下流の位置にある最初のホットワイヤからホットワイヤが8本あれば17.5mmの範囲をホットワイヤが占めると思うのですが,図を見ると4本しかないためこの文章の意味が分かりません.どなたか教えていただけないでしょうか?

ホットワイヤアレイというのが気になるのですが、、

(2)イオン風の速度が計測された後,電極の平面内で整列されると書いてあるのですがこれはどういった意味でしょうか?

「装置内で生成されたイオン風は、12.5mm下流から始まる下流チャネルを横切って配置された8本のホットワイヤのアレイによって測定され、電極の平面内で整列される。

ホットワイヤ間の間隔は2.5mmであり、したがって、ホットワイヤアレイは合計で17.5mmの範囲を流れ方向を監視する。」

投稿日時 - 2018-09-12 15:58:40

QNo.9536526

困ってます

回答(0)

この質問にはまだ回答がついていません。
あなたが最初に回答してみませんか?