こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

等比数列の和

等比数列の和の公式の使い方が分かりません。

ファイナンス論で割引現在価値の勉強の際に、等比数列の和の公式を使用します。

下記の例題の場合で、5年目の割引現在価値の和215,606円を等比数列の和の公式によって導き出すとき、計算式のプロセスはどのようになるのでしょうか?
等比数列の和の公式を暗記したものの、どう使えば分かりません、、、。


—————————————————-
1年目 収入50,000円 割引現在価値50,000円、割引現在価値の和50,000円
2年目 収入50,000円 割引現在価値46,296円、割引現在価値の和96,296円
3年目 収入50,000円 割引現在価値42,867円、割引現在価値の和139,163円
4年目 収入50,000円 割引現在価値39,692円、割引現在価値の和178,855円
5年目 収入50,000円 割引現在価値36,751円、割引現在価値の和215,606円

・毎年初に50,000円の定額収入があるとする。
・利子率が年率で8%のままで一定だとする。

————————————————-

投稿日時 - 2018-10-08 20:58:40

QNo.9545629

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

初項50,000円、公比1/1.08の等比数列の、初項から第5項までの和を求めます。
50,000×{1-(1/1.08)^5}/(1-1/1.08)≒215,606円

投稿日時 - 2018-10-08 21:31:11

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)