こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

万有引力を近接作用として推論したら

 物理学で場という表現では万有引力は遠隔作用とされてきた。
遠隔作用といえば、その意味は力の作用に遅延が無く、伝搬速度をみたてれば無限大の速度を持つ事だった。
 逆に近接作用といえば、その意味は力の作用に遅延が有り、伝搬速度は有限の定値の速度を持つ事だった。
 遠隔か近接かは真向から対抗し同時に一つに具備する事のない矛盾する性質なのだが、現代の物理学は万有引力をどちらの性質とみているのだろうか。
 それを明確にするためにお尋ねする。
 ご回答をお願いします。
 同事に近接作用とする万有引力から導く推論の結果を後半に述べるのでご賛同を頂きたい。重大な結果がうまれでた。
 よろしくお願いします。

 詳しく説明を始めると、放送大学で場と時間空間の物理第一回 米谷民明講師の力と場の講座において、ニュートンの万有引力では遠隔作用と分類し、場という考え方でも遠隔作用と認識されていたが、1915年のアインシュタインの一般相対性理論から万有引力を近接力と分類されたと板書にしていた。
 その通りだとすれば、遠隔作用を否定して近接作用と万有引力の認識が改められたことになるがそれで良いのか。

 だとすれば遠隔と近接の矛盾がもとになって、学習してきた万有引力と力学の全てが基礎から再構成しないと大きな矛盾を生む。

 たとえば公転軌道が楕円を描くとする常識が覆される。
 惑星の公転軌道を太陽を原点に公転面を公転周期のあいだ観察すると太陽を原点に北極星を一定の方位にした公転面のグラフに楕円が描かれる。
この楕円は万有引力の求心力と軌道の接線方向の惑星の速度の遠心力の釣り合いで作られると考えるのがニュートンの力学だった。ニュートンの力学では万有引力を遠隔作用とみている。

 しかし近接作用とみるならば、引力に伝搬遅延時間が生じる。その遅れにより求心力は楕円に適する大きさと向きを作れない。
 たとえば地球は光の速さで7分の距離太陽から離れている。
 たとえば例として光速と同じ速さで伝搬すると仮定します。
 地球と太陽の距離は光速で約7分です。
 太陽系では公転軌道の接線方向に地球が直進速度を持っています。
 地球と太陽間の引力がちょうど遠心力につりあって公転軌道を描くはずでした。
 ニュートンの力学から引力は太陽の重心と地球の重心を線分で結ぶと、その線上に働きます。
 ところが近接作用説に基づけば万有引力は遅延して作用するので、その位置でちょうど必要なだけの分を働くことができません。遅延のため接線から外に交角が開く角度で地球が直進してしまうのです。
 1年で1周する針を持つ時計を思い浮かべて7分で角度が何度遅れるかいまから計算してみましょう。
まず単位から1分に何度遅れるか計算してみます。
1年で公転する角度 360度
1年の日数  365日≒約360 とします。
1日の時間  24時間
1時間  60分
1分では360/365/24/60度≒約24/60≒約0.4度の角度の遅れをする時計です。
その角度と太陽と地球の離隔距離光の速度で約7分から
(360/360/24/60)・7≒約2.8度
だから楕円の接線より交角が約2.8度外周向きに地球は直進します。
接線に対する交角がある軌道は等角螺旋軌道の性質です。この性質は円周や輪、楕円を作りません。
だから公転軌道は楕円を描かないはずです。
しかしケプラーの観察した軌道は楕円軌道ですから、近接作用から推論した結果と現実が一致しません。

 すなわち閉じた楕円軌道を描く公転にはなにがしか未知の復元力の働きが隠れています。

 みなさんはまだ納得できないでしょうから、太陽と地球の引力の大きさについても念を押すためにもう一度考えてみましょう。
 ニュートンの力学から引力は太陽の重心と地球の重心を線分で結ぶと、その線上に働きます。それ以外の方向にはたらく引力はベクトル成分の分解から計算できます。
推量の結果から引力の遅延から交角2.8度の角度で分解すると引力は地球の運動の減速成分と、釣り合いより弱すぎる向心力成分に分かれます。
 ところが公転速度は現実には減速していません。そして向心力はつりあって楕円軌道は一定の現実ですから、推量の力の大きさとは一致しません。
 ベクトルで考えた求心力の大きさでも閉じた楕円を描けないのです。
 でも公転軌道は楕円を描いています。現実が近接作用からの推論結果に一致しません。

 すなわち閉じた楕円軌道を描く公転には未知の復元力の働きが隠れていなければおかしいのです。

 釣り合いより弱い向心力は軌道径の拡がりとなり、これも等角螺旋軌道の性質です。
近接作用だとすれば、公転面に描く図形は等角螺旋です。

 しかし等角螺旋軌道を描かずに楕円軌道となる現実、それを捉えたケプラーの法則には別の原因から楕円軌道を保つような復元力が働いているのです。

 私と一緒に復元力の原因について共同研究をしてみませんか。
 
 私の推理では未知の復元力の原因は同期という非線形増幅の共鳴作用によるものです。
 ケプラーは宇宙の観察から、惑星の公転運動に隠れた同期に気がついて、その時代の音楽の知識から和音と惑星の公転運動を呼びました。ニュートンやラグランジュはその現象に気が付かず見逃したようです。
 同期の存在を裏付ける現象がまだ多数の天体現象にあります。
 現代は望遠鏡の技術の発達で衛星の多数に尽数という未知の現象を発見しています。
 尽数とはこの同期を意味する、衛星の公転周期と自転周期との公倍数の周期ごとに増幅される運動の現象です。たとえば月は地球に対し1対1の尽数の公転周期と自転周期をもちます。尽数ではこのようなi対jの整数i,jの比になる現象です。

 尽数や和音や同期を身近な遊びで表せばブランコ漕ぎです。ブランコは特定のリズムで特定のタイミングに漕ぐと揺れが大きくなります。毎回のリズムに漕がず、休みを入れてたまに漕ぐこともできます。ある特定回数の休みいれた周期で漕ぐとブランコやはり大きく揺らせます。タイミングを間違えるとブランコの揺れは止まります。

 この同期が公転に働いています。
 同期という現象の学問を探したら、モデルが見つかりました。
 蔵本モデルの数式の項に公転の復元力を取り入れる事ができます。

 このような同期の復元力は波動運動の位相を特定値に留めようとする力です。この力を微分すると停留値があります。
 私は停留値に注目して再度意味づけを考えました。
 すべての運動と力学を表す学問があり、解析力学と呼ばれていますが、ラグランジュの最小作用の原理というものには停留値に意味づけがあります。
 その原理によると全ての運動の軌道は作用に停留値を維持しているそうです。
 それは万物の力学現象に常に同期を維持しているという事です。
 どなたか私と一緒に共同研究をしませんか。

投稿日時 - 2018-10-12 11:12:45

QNo.9546872

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

 No.6,9 teppou です。
 >masaban>近接作用説は伝搬路中の媒質の性質で波動伝播の原理を説明します。それ以外の他の説明は不用です。
 現在、重力や電位はを伝搬する物質は存在しないと考えられています。
 真空の空間が近接作用の性質を持つと考えられています。
 >masaban>近接作用説は伝搬路中の媒質の性質で波動伝播の原理を説明します。それ以外の他の説明が必要ないのです。
 >今回も時空を媒質と呼んでいるにすぎないので、二重に別途の理由をつける必要はありません。それでもつけたすと、まるで手品師が手札をすり替えようと札を隠し持ったかのようです。
 この文章の意味が分かりません。認識の違いというほかないと思います。
 >masaban> teppouさんの上記の文意がまだ理解できません。どう考えるのかみちすじに順序だてて、追加の説明を論理立ててご説明いただけるとありがたいです。
 静電場を例にした説明の部分のことですね。
 まず、場という概念は近接作用の考えから出てきたものです。
 場とは単なる空間のことではなく、ベクトル場のことです。
 そのベクトル場は、静電場であれば電荷が何もない空間に電気力を及ぼし順次伝搬して場を構成し、そのベクトル場に電荷が存在すれば、電荷に場が力を及ぼすという考えかたです。
 太陽系の重力場であれば太陽が周りの空間に重力を順次伝搬し重力場を構成しています。
 その順次伝搬する速さが、現在では光速度であると考えられています。
 静電場であれば電荷が静止している状態なら静電場は安定していますが、電荷が振動すれば、その振動は場の時間変位として光速度で伝搬します。
 太陽系の場合は、太陽の運動などは起きませんので、ずっと安定したままです。
 遠隔作用の場合は、このような場を考える必要はなく、電荷どうし、物質同士が直接力を及ぼしあうと言う考え方です。
 >宇宙飛行士の遊泳をテレビや写真に見たことがあります。おっしゃる通りとすれば、その背景には太陽光が満ちています。
 >ところが漆黒の暗黒しか写真やテレビには映りません。真っ暗な穴を覗き見た時のようです。穴の中の光は無です。
 >すると宇宙では背景の部分でいつも太陽光も重力も無です。
 >これを太陽系の重力場は太陽系に満ちている太陽光と同様な状態とすれば、重力場に穴があり、宇宙は広いので大きな穴があり、たまたま地球の周りが居残っていることになるでしょう。
 >空が明るいのは空気にチリがあるためで、宇宙が暗いのはチリがないからとするが、背景に空気が無くとも同時にチリもないとはいえないはずです。
 >たとえば海中は空中よりもはるかにチリが多いですが、遠くまで見通せる海中はおおく、チリのおかげで背景が明るく映る事もありません。

 >論が破たんします。
 太陽光が満ちているという表現がよくなかったかもしれませんが、太陽光が太陽系やその外側まで到達していることは間違いのないことで、何かの物質がなければその存在は認識できません。太陽を背景にした方向が漆黒であるのは光が到達していないのではなく物質がごく少ないと解釈すべきと思います。
 光と同様に重力もいきわたっています。
 海水の例で言えば、「たとえば海中は空中よりもはるかにチリが多いですが」とは言えず、いわゆるきれいな海は光を反射する浮遊物は非常に少ないと考えるべきです。
 因みに船などから海中を見て水がきれいに見える場所は海底からの反射光があるか、または浮遊物が多い海で、黒潮の海は水深が深く浮遊物が少ないために真っ黒く見えるそうです。
 >masaban>その論に従うと重力波は地球に届いたので、経路には必ず時間変位があります。重力波が届いたのですから、もちろん地球の周りに時間変位があります。経路では時間変位が無ければいけませんから、太陽系の外側でも、重力波源までもちろん続いてつながる時間変位があります。
 >teppouさんのいう時間変位の無い場はどこにあり、そのあるところとないところの境界はどこにありますか。
 このたび観測された重力波は、極めて微弱なもので、むろんその程度の時間変位はあると思いますが、太陽系の運動に何らの影響を及ぼすものではなく、惑星運動を考える場合は無視すべき程度のものです。
 惑星運動を考える時には太陽系の重力場に時間変位はないと考えるのが普通と思います。
 最後に、御質問者様と私の間には物理や自然科学の認識に大きな隔たりがあるように感じます。どこまで行ってもかみ合うことはないと思いますので、これで回答は終わりにします。

投稿日時 - 2018-10-22 20:45:34

お礼

No.6,9 teppouさんこんにちは

なぜ認識が違うのかしらべたい事が少しわかりました。

(1)teppouさん>重力や電位を伝搬する物質は存在しないと考えられています。
(2)teppouさん>静電場であれば電荷が何もない空間に電気力を及ぼし順次伝搬して場を構成し、そのベクトル場に電荷が存在すれば、電荷に場が力を及ぼすという考えかたです。

masaban>上記(1)(2)の二つの文からteppouさんの認識がいかなるものかわかった気がします。私とは異なります。
たとえば電気工学の媒体には誘電率と透磁率、誘電損と磁損という性質が、真空にも物体にもがあります。
電磁気、電界の伝搬の媒体には上記の数値において無ではない性質がある事です。
誘電率 透磁率 誘電損 磁損は電圧や電流との関係式が正確に数学で記述されるものです。
ところが『teppouさん>「電荷が何もない空間に電気力を及ぼし順次伝搬して場を構成」』と、たぶんteppouさんは電磁波(電波)という電気にとってある意味特殊な状況を説明するものと取り違えたようです。
電波の伝搬原理をあらゆる電気の伝搬現象へ敷衍させて誤解し、静現象や電気回路の現象までを同じととりちがえたのでしょう。
電波の伝搬法は特殊で、静現象や、電気回路の素子での伝搬とは異なる方式です。
電磁気学、電気工学、電子工学、電波工学、連立微分方程式等を時間をかけて十分時間をかけて学習しないと違いが理解できないかもしれません。

それでも電気の伝搬の仕方と、重力の伝搬の仕方が、同じ方式とteppouさんも私と同じに共通認識があり、かんがえていると(1)(2)からわかりました。

その考えなら、重力の伝搬もどうなるべきか、わたしとおなじ意見にたどり着くでしょう。


 teppouさん>光と同様に重力もいきわたっています。

masaban>重力がいきわたっているとして、地球の周囲にすり鉢の形に常に囲んでいるとたぶんteppouさんは考えていらっしゃるのでしょう。

そうでしょうか。
たとえば、すり鉢型のビニール傘があったとします。あなたがじっとしていればよいのですが、あなたが傘を持ったまま走り回ったら、ビニール傘の形はどうなるでしょう。風を受けて、すぼみ壊れるのではありませんか。幼稚園児の凧上げのように庭を駆けていれば、傘は形を保てません。
月は地球の周りを回り、地球は太陽の周りを回り、その太陽は銀河の周りを回り、銀河は天の川銀河の周りをまわっています。
太陽から月の軌跡を見れば、月の軌道は金属コイルで作られたワイシャツ袖バンドのように見えるでしょう。
軌道の形は2重コイルで閉じた楕円軌道です。
天の川銀河の中心から、月の運動を観察したらその軌道はどんなかたちになるか分かりますか。
n重コイルで閉じた楕円軌道になります。
庭を駆けまわる幼稚園児の軌跡よりも複雑で、そして高速です。
とんでもない速さであちらこちらに巡る時、傘は無事に形があるでしょうか。

ところで重力場の理論には傘の運動について考慮が全くありません。
とどまっているのか、どんな速度でどんな方向に加速するのかなにも考慮していません。
この欠点から重力場が地球の行く先々に地球のためだけに準備できているはずがないのです。

またさらに公転の大階層では軌道がたびたび軌道同士に交差します。すると重力場のすりばちは合成されるのでしょうか、破れ傘になるのではないでしょうか。


 >masaban・・重力波が届いたのですから、もちろん地球の周りに時間変位があります。経路では時間変位が無ければいけませんから、太陽系の外側でも、重力波源までもちろん続いてつながる時間変位があります。teppouさんのいう時間変位の無い場はどこにあり、そのあるところとないところの境界はどこにありますか。

teppouさん>このたび観測された重力波は、・・太陽系の運動に何らの影響を及ぼすものではなく、・・は無視すべき程度のものです。

masaban>星は無限にあり、宇宙の空間の広さは無限です。わずかな時間、わずかな大きさでも時間変位の合成は巨大です。無視できるはずがありません。

投稿日時 - 2018-10-23 23:20:14

ANo.10

重力波がLIGOで観測されたというのは、間違いです。LIGOの構造を見るとSLFへのシールドがされていません。SLFは数十から数百ヘルツの極長波で、分厚い岩盤も透過します。地球内部にはELF、SLFの電磁波があふれていると考えられています。

KAGRAの建設が予定されている神岡鉱山でもELFが観測されています。通常電磁波というと、アンテナで受けると電流になると考えられていますが、じつは振動も起きているのです。LIGOのアームはSLFで振動したに過ぎません。

参考URL:http://zao.jp/index.php?blog=12&p=353&more=1&c=1&tb=1&pb=1

投稿日時 - 2018-10-21 10:49:52

お礼

ご回答ありがとう
antigravity さん>重力波がLIGOで観測されたというのは、間違いです。


masaban>わたしもLIGOの観察を間違いと思います。
さらに重力が遠隔作用であることも間違いだと思います。
重力は近接作用なのですが、LIGOを間違いだと思います。
LIGOがもし重力波を観察できるなら、それの観察以前にエーテルの存在を立証できたはずです。エーテルが存在しないなら、LIGOの重力波の観察もあり得ないことです。
 なぜならLIGOはマイケルソンモーリーのエーテル観察と同じ原理の装置だからです。

antigravity さん>LIGOの構造を見るとSLFへのシールドがされていません。SLFは数十から数百ヘルツの極長波で、分厚い岩盤も透過します。地球内部にはELF、SLFの電磁波があふれていると考えられています。

masaban>そのとおりです。


antigravity さん>KAGRAの建設が予定されている神岡鉱山でもELFが観測されています。通常電磁波というと、アンテナで受けると電流になると考えられていますが、じつは振動も起きているのです。LIGOのアームはSLFで振動したに過ぎません。

masaban>そのとおりです。ご紹介くださったWEB記事はまるでもうひとつの私の書きたかった意見と同じです。

投稿日時 - 2018-10-21 16:21:15

ANo.9

 No.6 teppou です。
 現在、重力は近接作用と考えるのが世界的共通認識であると理解しています。当然私もそのように考えています。
 >masaban>時間変位が伝搬する現象とはただちに近接作用説の立場を意味します。重力が近接作用のとき時間変位の伝播がおきます。
 >従来は時間変位の無い、伝搬の無い遠隔作用だと重力が考えられています。
 私の理解とは違いがあります。
 参考サイト
 「重力波」
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E5%8A%9B%E6%B3%A2_(%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E8%AB%96)
 このサイトの初めに、
 「重力波(じゅうりょくは、英語: gravitational wave)は、時空(重力場)の曲率(ゆがみ)の時間変動が波動として光速で伝播する現象。」と書かれています。
 歪みの時間変動と書けばよかったのかもしれませんね。
 >もしteppouさんのおっしゃるように重力場が安定なら、時間変位は存在できません。時間変位の無いならただちに遠隔作用説の立場です。
 そういうことではありません。
 静電場は近接作用であると考えるのか定説ですが、安定しています。太陽系の重力場が安定しているというのも同様の状態のことです。
 「時間変位が無いならただちに遠隔作用説の立場です。」ということではないと思います。
 「太陽系の重力場は安定していますので、その安定した重力場の中を運動している惑星の軌道をニュートン力学で解くことに何の問題もありません。」と書きました意味を、
 太陽系の重力場は太陽系に満ちている太陽光と同様な状態と考えて見てはいかがでしょう。
 惑星は運動するにつれ、既にそこに到着している太陽重力を受けて楕円運動をするということです。
 時間変位のない場では、遠隔作用と近接作用の違いは現れません。
 むろん、私の回答が納得のいかないものでしたら無視していただけばよいことです。

投稿日時 - 2018-10-20 19:34:24

お礼

ご回答ありがとう
いくつか答えていただき調べたいことがあります。

No.6 teppouさん>現在、重力は近接作用と考える・・当然私もそのように考えています。

masaban>その案を貫いて論理に一貫して主張していただく事が大事です。

 masaban>近接作用説は伝搬路中の媒質の性質で波動伝播の原理を説明します。それ以外の他の説明は不用です。


teppouさん> 私の理解とは違いがあります。「重力波(じゅうりょくは、英語: gravitational wave)は、時空(重力場)の曲率(ゆがみ)の時間変動が波動として光速で伝播する現象。」と書かれている。

masaban>近接作用説は伝搬路中の媒質の性質で波動伝播の原理を説明します。それ以外の他の説明が必要ないのです。
 今回も時空を媒質と呼んでいるにすぎないので、二重に別途の理由をつける必要はありません。それでもつけたすと、まるで手品師が手札をすり替えようと札を隠し持ったかのようです。

masaban>もしteppouさんのおっしゃるように重力場が安定なら、時間変位は存在できません。時間変位の無いならただちに遠隔作用説の立場です。

teppouさん>そういうことではありません。静電場は近接作用であるが、安定しています。太陽系の重力場が安定しているというのも同様の状態のことです。
 「時間変位が無いならただちに遠隔作用説の立場です。」ということではないと思います。

masaban> teppouさんの上記の文意がまだ理解できません。どう考えるのかみちすじに順序だてて、追加の説明を論理立ててご説明いただけるとありがたいです。

teppouさん> 「太陽系の重力場は安定していますので、その安定した重力場の中を運動している惑星の軌道をニュートン力学で解くことに何の問題もありません。」と書きました意味を、太陽系の重力場は太陽系に満ちている太陽光と同様な状態と考えて見てはいかがでしょう。惑星は運動するにつれ、既にそこに到着している太陽重力を受けて楕円運動をするということです。

masaban>これが考え方をみちすじに順序だてて、追加の説明を論理立てて説明したものとすればもう一つお答えください。

宇宙飛行士の遊泳をテレビや写真に見たことがあります。おっしゃる通りとすれば、その背景には太陽光が満ちています。
 ところが漆黒の暗黒しか写真やテレビには映りません。真っ暗な穴を覗き見た時のようです。穴の中の光は無です。
すると宇宙では背景の部分でいつも太陽光も重力も無です。
 これを太陽系の重力場は太陽系に満ちている太陽光と同様な状態とすれば、重力場に穴があり、宇宙は広いので大きな穴があり、たまたま地球の周りが居残っていることになるでしょう。

空が明るいのは空気にチリがあるためで、宇宙が暗いのはチリがないからとするが、背景に空気が無くとも同時にチリもないとはいえないはずです。
たとえば海中は空中よりもはるかにチリが多いですが、遠くまで見通せる海中はおおく、チリのおかげで背景が明るく映る事もありません。

論が破たんします。

teppouさん> 時間変位のない場では、遠隔作用と近接作用の違いは現れません。

 masaban>その論に従うと重力波は地球に届いたので、経路には必ず時間変位があります。重力波が届いたのですから、もちろん地球の周りに時間変位があります。経路では時間変位が無ければいけませんから、太陽系の外側でも、重力波源までもちろん続いてつながる時間変位があります。
teppouさんのいう時間変位の無い場はどこにあり、そのあるところとないところの境界はどこにありますか。

上記に示されたように地球の周りが遠隔作用説の通りにしか現れなかったとしたらteppouさんのいう遠隔作用と近接作用の区別や表れた観察が矛盾しています。


ところで力学では力をベクトルとして考えることになっています。
近接作用に遠隔作用と差がないかあるかもう一度さいしょに戻ってみます。
近接作用として伝搬速度に光速度を仮定すると常に2.8度遅れるので、ベクトルの分解を考えるのです。
鋭角が2.8°の直角三角形の3辺に力の配分が表れます。すると太陽と地球を結ぶ線分上の引力が遠隔作用説の引力よりも小さく、割合にしてcos2.8°しか働かなくなります。

地球の速度を減速する成分もその三角形にあらわれます。

投稿日時 - 2018-10-21 14:34:40

ANo.8

結論を言えば、重力には2種類あって、宇宙での重力は、プラズマによる電気引力・斥力が複雑に作用している遠隔作用です。地球上の重力はさらに複雑で、EMドライブと同じ電磁質量が絡んできます。この辺を読んでください。
https://etherealmatters.org/article/complex-earths-gravity
場とかは、数学上の概念を使った説明で、デカルトの方法論から逸脱したものです。ヒモ、量子力学も同じ。ケプラーに戻って考察しているのは正しいと思いますが、ニュートンは批判的に考えたほうがいいです。
>どなたか私と一緒に共同研究をしませんか。
方法論を間違わなければ、どこかで会うでしょう。

投稿日時 - 2018-10-20 11:57:25

お礼

ご回答ありがとう。
antigravity さん>・・ケプラーに戻って考察しているのは正しいと思いますが、ニュートンは批判的に考えたほうがいいです。
masaban>どなたか私と一緒に共同研究をしませんか。
antigravity さん>方法論を間違わなければ、どこかで会うでしょう。
masaban>どこかでまた会うと楽しみに期待しています。

antigravity さん>結論を言えば、重力には2種類あって、宇宙での重力は、プラズマによる電気引力・斥力が複雑に作用している遠隔作用です。

masaban>力は合成できるものですから、その意味で合成力が重力と呼ばれることはあり得ます。
複素数の数空間では一つの数式から回答は特別解と一般解が幾つか得られると知られています。その範囲で合成力が存在します。
その範囲を超えた場合もっと複雑になり、antigravity さんの予想もあり得ることになるでしょう。
解の載る数空間の形が、平面でなくリーマン葉としたら、リーマン葉での同じ角度をもつ解は葉ごとに生まれます。もしリーマン葉よりも複雑な階層を持つ数空間が存在すると複素数の数式からうまれる解答にはさらにもっと多様な種類が生まれるでしょう。葉と葉の解答を比べると似た性質があるので、階層を持つ数空間にうまれた解には似た性質が見えるだろうと予想されます。
 たとえばフラクタルの性質にその階層の数空間の形式が見えるように思います。
 実験観察として、紹介したい写真やムービーがあります。
 反重力かもしれぬ。
 結晶の人工環境の生成かもしれぬ。
 そういう現象です。
 ご紹介したいのはJAXAのプラズマクリスタル、北海道大学の直流ダストプラズマ、プラズマ学会のクーロン結晶などです。
 WEB検索し写真をご覧ください。
 それらには反重力や重力が電流の中で生まれています。
 電流や放電というよりも、その現象は電子波という物質波の流れた空間中の出来事です。

 重力に関わらず、整列したポテンシャルに捕らわれた粒子が結晶の格子状に空中に並んだ写真です。空間は円筒状電極対や円弧扇状電極対や平衡平板電極対で挟まれていて、格子の結晶構造は電極対の構造に影響されています。

 その空間には電流が流れ、絶縁の環境ではありません。静電気には絶縁環境が必要なので静電気力はこの現象に無関係なのです。また磁界中を飛ぶ電荷はコイル状軌跡を描く運動をするので、クリスタルには無関係です。したがってローレンツ力をクリスタルの原因にはできません。
またJAXAは無重力の宇宙軌道で実験をしたので結晶に重力が影響しません。
プラズマクリスタル、ダストプラズマ、クーロン結晶の起因には電子波が反重力や重力をつくりだしています。
それを解くために必要な数学はまだ人間の持たぬ数学です。
 私はその数学に働く数式の形の片りんを予想しています。それは量子力学の波動方程式中の位相に解析力学のラグランジュの作用と蔵本モデルを合体させた数式になりそうです。

だからantigravity さんの「宇宙重力は、プラズマによる電気引力・斥力が複雑に作用している」という考えもあり得ると思います。
 私の考えでは階層ごとに存在する解が、重力であり、電気力なのです。

ただし電気力の性質は重力の性質とは異なり、けっして同じものではありません。電気力はローレンツ力という名がありますが、ローレンツ力は静電力と磁気力の合力で、それらは重力の条件や性質とは全く明確に異なります。

 だからantigravity さんに直ちに賛成ではありません。

賛成できぬ理由は静電塗装、静電植毛、静電除去機とクリーンルームの中に起きる静電気の防ぎ方などの現実とご意見が矛盾する内容だからです。毛やペイント塗末を乾燥空気中に漂わせ、静電気を帯電させて与える事で、等間隔に浮遊静止させることができます。重力に逆らい空中に浮遊します。ようすはプラズマダストやクーロン結晶とにています。

しかし、そのためには空気が乾燥し、完全に電気絶縁した状態でないとなりません。クリーンルームの中の環境もこのような絶縁状態が発生しやすいのです。すると帯電し半導体に悪影響する事が起きます。それを防ぐために半導体製造工場では静電除去機で空気に導電性を与えて空気の電気絶縁性を下げます。
 空気に電流が流れる時その経路の媒体は導電性であり電気絶縁状態ではありません。
 空気が導電性になるともう毛が浮く事はかなわず、ペイント塗末も浮いてはいられません。

antigravity さん>地球上の重力はさらに複雑で、EMドライブと同じ電磁質量が絡んできます。

masaban>静電塗装、静電植毛、クリーンルームの環境は一般的な環境ではなく、空気の乾燥度と電気絶縁性について特殊な環境です。 antigravity さんが考える現象の条件には電気絶縁性についての考慮が無く、かならずしも絶縁状態が保てないと考えられます。絶縁状態が保てないので安定していないのです。安定しないならそれは原理ではないのです。

投稿日時 - 2018-10-21 15:59:35

ANo.7

そもそも遠隔作用・近接作用は時間の絶対性を前提として論じられたものなので、現代物理学では無意味です

投稿日時 - 2018-10-18 15:23:47

お礼

ご回答ありがとう
OKWavexさん>「そもそも遠隔作用・近接作用は時間の絶対性を前提として論じられたものなので、現代物理学では無意味です」

masaban> OKWavexさんは、まず物理学が前提を新たにし、また時間の絶対性を廃して新しい論理に変更をしたそうです。
 それならばOKWavexさんは、観察事象と基礎事項と定義から、もう一度新しい論理によって基礎からすべてを再構成する作業をしましたか。
 
  OKWavexさんはそれを為したうえでこの回答となったのでしょうか。その有無と、為したとしたら矛盾の程度と正誤の取捨選択をいかにしたか教えてください。
 それがあってこそ、そのときにはOKWavexさんの論は正論となるでしょう。
 この過程を経ていないなら正論にはまだ不足のように思います。

 物理は現実の観察と定義からモデルに従った論理により最下段の基礎から組み上げるものです。変更があったなら最下段に舞い戻らねばなりません。
 基礎からの積み上げを忘れると、宙に浮いた、足場のない論理になります。

 宙に浮いた論は古代の宇宙観にその例が多いです。そういう論はいわば信心です。

 信心ではないとしたら、試験のたび繰り返した丸暗記が原因の洗脳でしょう。
 覚え経験したことが崩れ去ることは自我の崩壊とも言えます。
 崩壊はだれしも嫌ですから、心理的自己正当化、自我防護作用の効果で自己自身の洗脳が始まります。

 たとえば古代の信心は現実の観察によらず尊師の与えたモデルを優先して考察します。
 また信心は、定義をせず、言い逃れの方策をその場その場で覆します。

 信心や洗脳これらに当てはまらぬために、するべき作業があるのです。

 作業してみましょう。
 まず根拠が正当なのかを調べてみます。
 アインシュタインの相対性理論で水星の近日点移動を解いたそうです。
 それを材料にやってみます。
 これをよく吟味してみたら、近似式の繰り返しによる省略の結果でしかありません。
 繰り返す近似がたびたびで、出所が明確でなく、省略の時点では省略の正否の吟味もなされていません。いってみれば、まるで手品師が手札をすり替える芸を見せているようです。

 もうひとつアインシュタインの式を試しました。テンソルのアインシュタイン方程式の厳密解がブラックホールの根拠となったシュバルトシルツ解だそうです。
 いくら厳密解でもその条件が存在しなければ意味がありません。
 条件は2つだそうです。
 (1)物体が真球であること。
 (2)静止していること。
 条件(1)はあるかもしれませんが、流体が表面に存在したことがないと真球にはなりません。また宇宙の温度は3Kがほとんどのなかで、凍っている物体には流体や気候変動、噴火地震の天変地異が期待できないので真球は期待できません。
 したがって条件(1)を満たしているかは怪しい。そしてブラックホールは見つかっていません。悪魔やお化けや神が見つからぬのといまのところ同じです。

 大量の暗黒物質がアインシュタインの宇宙には必要だそうですが、その暗黒物質のかけらすら見つかっていません。これもお化けと同じです。

 (2)番目の条件はブラックホールの位置が静止していることだそうです。
 でも静止はどの座標にどの物体が得られるのでしょうか。
 不思議です。

 ところでアインシュタイン方程式はどの座標系においてもなりたつそうです。
 座標系を最適に変換したとして、その座標の中で静止した物体はこの宇宙にあるのでしょうか。
 地球や月や太陽は太陽系の公転だけでなく銀河の中で公転をしています。 大銀河大宇宙は親ガメ子亀孫ガメの公転運動が多層構造をなしています。 このような宇宙の構造の中でどこに静止が得られるでしょうか。

 大きな矛盾ですが、解決したうえで、現代の物理学が正しいといいきれますか。
 ご回答を欲しいのです。

投稿日時 - 2018-10-19 16:22:26

ANo.6

 重力波というものは、重力場の時間変位が伝搬する現象です。
 太陽系の重力場は安定していますので、その安定した重力場の中を運動している惑星の軌道をニュートン力学で解くことに何の問題もありません。
 御質問者様のお説は特に意味はないと思います。

投稿日時 - 2018-10-17 15:08:29

お礼

ご回答ありがとう
teppouさん>「重力波というものは、重力場の時間変位が伝搬する現象です。 太陽系の重力場は安定しています・・ 御質問者様のお説は特に意味はないと思います。 」

masaban>それは聞いたことがあるので、題で問いただしています。疑問を説明し、意味について回答をいただくために折角のご回答なので説明します。それでも意味がないならご回答の苦労に意味もないでしょう。

teppouさん>「重力波というものは、重力場の時間変位が伝搬する現象です。」

masaban>時間変位が伝搬する現象とはただちに近接作用説の立場を意味します。重力が近接作用のとき時間変位の伝播がおきます。
従来は時間変位の無い、伝搬の無い遠隔作用だと重力が考えられています。
 とくに重力場ではなく重力をアインシュタインが近接作用説の立場だと放送大学の講師(東大の先生)がいっています。

 もしteppouさんのおっしゃるように重力場が安定なら、時間変位は存在できません。時間変位の無いならただちに遠隔作用説の立場です。
 しかし近接と遠隔は矛盾するので両方のたちばをとることができません。
 teppouさんもどちらの立場であるかを宣告し、その論を論じていただきさらに回答してください。

teppouさん>「  太陽系の重力場は安定しています」

masaban>完璧に安定していると揺れないのだから、もちろん重力波動は重力場を伝搬しません。重力波が伝搬するなら、波動を伝える媒質には伝搬のための性質が必要です。
 この回答のままでは揺れることと安定していることと重力場の性質が矛盾します。
 どの程度のゴムのような柔軟性があり、どの方向にゴムのような性質があるのかを説明していただかないとなりません。

 古代の神やお化け、鬼神の力のような表現のままにあっては物理がわかりません。

masaban>もし地球の軌道が宇宙の中で2度と同じ空間を通らぬとしたら、重力場というものは安定しているでしょうか。
 実はどの軌道も2度と同じ空間を通らぬn重コイルの円弧扇の曲線を描いているのです。

 太陽を原点に置いた座標で地球は、公転軌道が楕円です。
 この公転軌道は座標の原点になにを据え、どんな座標を選ぶかで話が変わります。
 宇宙には親ガメ子亀孫ガメの多層の公転構造があります。たとえば最下層の一つが月と地球、一段上が地球と太陽その上が太陽と銀河です。公転しているとたとえば太陽から見た地球は楕円軌道を描きますが、原点のとりかたで軌道の描く姿は楕円ではなくなります。
 整数nであらわすことにしてn重コイルの円弧扇の曲線軌道となります。
我々の地球に限らず、宇宙の星は軌道の通り抜けた空間を基準にすれば、2度と同じ空間を通らず、必ずn重コイルです。
 どの星も宇宙の同じ空間を2度と通りません。
 ところが重力場は公転軌道がだえん軌道のときにしか成り立ちません。

 そして重力場の理論には重力場の移動の理論がありません。それなのに安定した重力場から作用を受けるとすることに疑問があります。

 そのことにご回答者は説明をしてください。


teppouさん>「安定した重力場の中を運動している惑星の軌道をニュートン力学で解くことに何の問題もありません。御質問者様のお説は特に意味はないと思います。 」

masaban>再考し上記の説明を咀嚼したご回答をお願いします。

投稿日時 - 2018-10-19 17:14:31

ANo.5

「お礼コメント」を拝見しました。

>引力作用はずっと同じく作用するのは同意ですが、その引力の方向は軌道の接線に直交すべきだったのに直交から常にはずれているのです。そういう文意を読み取っていただきたい。
⇒一天体から出る重力波は同心円状に広がりますので、地球はその軌道上(太陽から1億5000万km弱の同心円上)にある限り、太陽の引力の方向は常に軌道の接線に直交するのと違いますか?

masabanさんが想定した与件下での計算式は、きっと間違いないのだと思いますが、上述のことから考えると、失礼ながら「引力の方向は軌道の接線に直交すべきだったのに直交から常にはずれている」という前提条件そのものが間違っているのではないでしょうか。

投稿日時 - 2018-10-13 21:04:23

お礼

再度のご登場ありがとうございます。
nakay702さん>「天体から出る重力波は同心円状に・・」

masaban>宇宙に波動が拡がるとき、天体は太陽だけではないので、あなたの地球ではほかの波動を重ね合わせ加算することになります。
 天体から出る重力波は同心円状に拡がるかもしれませんが、作用の主客組み合わせは特定の天体間に限られません。
 数学的にいえば、独立関数ではないのです。宇宙という箱は一つであり、同心円状に拡がる重力波は太陽系の主客一組だけではないので、多数の主客から重ね合わせが起きます。重ね合わせるということはどの主客にとっても従属関数です。
 
 したがって無限の数ある天体からの重力源から重力波は遠方からどんどん来ているので重ね合わせの波動は同心円状ではありえません。
 それは多数生徒の話し声が教室の中でまじりあい騒々しい雑音となる様子に似ています。あちらこちらがやがやわいわいです。
 このような雑音と同じ状態ではたったひとつの同心円で重力波はあらわせず、ひずみ波といわれる形状になり、音源の谷、峯も常に位置を替えあちらこちらにそびえます。。
 また合成された重力波の大きさも、たった一個の太陽の作る波動よりもはるかに巨大になります。
 光についてのオルバースのパラドックスでは夜空が真昼以上に明るく輝きます。重ね合わせからその光を重力と読み替えた謎が生まれ出ます。
 その回答は不可能です。

 太陽系にもう一つあなたの考え方では問題が生じます。重力波は重ね合わせ合成されるので、歪んでしまい太陽を中心にした楕円を等重力面に描きません。
 それは遠くの天体にとっても主客を替えて太陽系のせいで重力波は歪んでしまい遠くの天体の公転面ももはや楕円を描けません。

 もしかすると軌道が交差して多数の衝突が起きるかもしれません。

nakay702さん>「きっと間違いないのだと」

masaban>「きっと間違いないのだと」とはずいぶん失礼ないいぐさです。次回の参加はもう結構です。

nakay702さん>「masabanさんが想定した与件下での計算式は、きっと間違いないのだと思いますが、・・「引力の方向は軌道の接線に直交すべきだったのに直交から常にはずれている」という前提条件そのものが間違っているのではないでしょうか。 」

masaban>題をご覧ください「推論」です。「前提条件」ではありません。物理の論理は数学でくみ上げます。推論はもちろん数学で行います。
 簡単な算数ほど間違いはありません。
 
 nakay702さんがご自分の演繹能力で小学生のならう程度の時計の周回計算と、昔は中学生が習ったがいまでは小学生が習うというベクトルの算数を使い推論してください。
  直角三角形を平面に描けば簡単に結果がわかるのです。

投稿日時 - 2018-10-13 23:10:59

ANo.4

No.2ですが
遠隔か近接か等と問題にしていますが、光や重力に関して言えば距離や時間など存在しないのです。
これらが力を及ぼすのは、三次元ではなく高次元で関連しており食空間の特性なのです。
光や重力そのものは瞬時に到着するのですが、距離が時間の函数ゆえに時間の送れとして観測できるだけです。
相対性理論の本質を高次元の幾何学で理解してください。
そうしないで議論しても何の進展もありません。

投稿日時 - 2018-10-13 18:30:38

お礼

ご回答ありがとう。
tetsumyiさん>「光や重力に関して言えば距離や時間など存在しないのです。これらが力を及ぼすのは、三次元ではなく高次元で関連しており食空間の特性なのです。」

masaban>天文学で宇宙の距離を光速ではかることに矛盾しています。あなたのいう高次元というものは観察できないので物理に語ることはできない。物理は観察できるものだけから構築しなくてはなりません。それを犯したら呪術と何も変わりがありません。物理は毅然と呪術から決別した学問です。

tetsumyiさん>「・・ 相対性理論の本質を高次元の幾何学で理解してください。そうしないで議論しても何の進展もありません。」

 masaban>観察証明の裏付けを持たないので、呪術師の霊魂を呼んで見せる詭弁の信心にしか聞こえません。

投稿日時 - 2018-10-13 23:23:02

ANo.3

門外漢ですが、以下のとおり(多分に主観で)お答えします。

>ニュートンの万有引力では遠隔作用と分類し、場という考え方でも遠隔作用と認識されていたが、1915年のアインシュタインの一般相対性理論から万有引力を近接力と分類されたと板書にしていた。 その通りだとすれば、遠隔作用を否定して近接作用と万有引力の認識が改められたことになるがそれで良いのか。
⇒「遠隔作用を否定して近接作用と万有引力の認識が改められたことになる」、ということでいいと思います。米谷民明先生(温和ながら早口なので、ついて行くのがしんどいですが)の言われるとおりだと考えます。
我々が陥りやすい盲点は、我々の日常的な感覚からすると、ニュートン説が正しく、アインシュタイン説が「いかがわしい魔法」のように感じることでしょう。ところが、実際は、アインシュタイン説の方が「より普遍的」であるという意味で「正しく」、ニュートン説はアインシュタイン説の「特殊な場合」、もっと言えば「極限部分」に当てはまるだけなのだと考えられます。つまり、ニュートン説はアインシュタイン説に含まれるが、アインシュタイン説にニュートン説は含まれず、その「部分集合」にすぎない、というのが私の理解です。
我々は、どうしてもegocentric particular「自己中心的特殊規定」でものを見てしてしまいますが、これすなわち、無意識裡に「人間原理」で考えていることになり、それを「正しい」と見なすことが無自覚的な習性になってしまっているのではないでしょうか。アインシュタイン説の優れているところは、その人間の無自覚の桎梏・足かせを逃れて(=拘束衣を脱いで)、より普遍的な「宇宙原理」で理論を構築したことだ、と言えるでしょう。

*余談ですが。
アインシュタインはこう言っています。「無限なものに2つある。宇宙と人間の愚かさである。ただし、前者については確信がない(=《人間の愚かさには確信がある!》)。

>近接作用説に基づけば万有引力は遅延して作用するので、その位置でちょうど必要なだけの分を働くことができません。
>公転軌道は楕円を描かないはずです。しかしケプラーの観察した軌道は楕円軌道ですから、近接作用から推論した結果と現実が一致しません。
⇒万有引力の作用は、伝播に時間を要するという意味で遅延はあるかも知れませんが、だからといって「作用が途切れる」わけではないでしょう。質量の本性として引力は継続的なものに違いありませんから、常に7分(私の記憶では8分18秒)遅れるだけで、引力作用そのものは、ずっと同じ力で働いていると思いますよ。せいぜい言えることは、「今この瞬間に作用を及ぼしている引力は、8分18秒前のもの(8分18秒前に太陽から発した重力波エネルギー)である」ということぐらいでしょうね。
ところで、地球の公転軌道は永遠に一定ではありえず、宇宙規模の「長い目で見れば」いろいろに変動するに違いありません。その誘因・動因はいろいろあって、太陽との関係以外にも、例えば、多体問題(摂動)、隕石、天の川銀河と太陽系の公転、近傍銀河の潮汐力、超新星爆発、ブラックホール、膨張宇宙のダークエネルギーなどなどがあるものと考えられます。

*ついでの蛇足です。
>ケプラーの観察した軌道は楕円軌道
⇒確かに、地球(のみならず、すべての惑星)の公転軌道は楕円とされていますね。
しかし、細かく見れば違うのかも知れませんね。アインシュタイン的な見方で言えば、これは「卵型軌道」と言えるのではないかと思います。太陽と地球が全く同じ質量で連星運動なら、地球の公転軌道は「正楕円」軌道を描くことでしょう。しかし、現実のように二体間に大きな違いがある場合は、その公転軌道は卵型になる、と思うのです。(何やら、上で見たことと共通しますが、卵型軌道の方が「より普遍的」であるという意味で「正しく」、楕円型軌道は二体が同質量の場合という「特殊な条件下」で当てはまるに過ぎない、と考えます。)
この卵型軌道のありようは、近日点付近と遠日点付近での角速度の違いや移り変わりのさま(特に、遠日点付近で軌道が膨らむ現象)を見れば、容易に想像できることだと思います。ただし、実測でどれほどの卵型になるかは、検出できないのかも知れません。それほど微小な違いなのかも知れません。しかし、二体問題として考える限り、地球も彗星も似たような立場ですから、ハレー彗星にでも乗ってその軌道上を飛べば、その膨らみ具合が分かるかも知れませんね。

以上、ご回答まで。
お尋ねに十分添えなくて、また、ところどころ脱線したりしてどうもすみません。

投稿日時 - 2018-10-13 11:38:50

お礼

ご回答ありがとう
masaban>・・ その通りだとすれば、遠隔作用を否定して近接作用と万有引力の認識が改められたことになるがそれで良いのか。

Nakay702さん>⇒「遠隔作用を否定して近接作用と万有引力の認識が改められたことになる」、ということでいいと思います。米谷民明先生(温和ながら早口なので、ついて行くのがしんどいですが)の言われるとおりだと考えます。

題意に向き合った回答ありがとう

masaban>近接作用説に基づけば万有引力は遅延して作用するので、その位置でちょうど必要なだけの分を働くことができません。・・公転軌道は楕円を描かないはずです。しかしケプラーの観察した軌道は楕円軌道ですから、近接作用から推論した結果と現実が一致しません。


nakay702さん>万有引力の作用は、伝播に時間を要するという意味で遅延はあるかも知れませんが、だからといって「作用が途切れる」わけではない・・引力作用そのものは、ずっと同じ力で働いていると思います

masaban>引力作用はずっと同じく作用するのは同意ですが、その引力の方向は軌道の接線に直交すべきだったのに直交から常にはずれているのです。
そういう文意を読み取っていただきたい。
時計の針が時計の中心から12時を向くべきとき、その向きに向かずに2.8度傾いたという事です。
力学の力はベクトルであらわされます。
直角三角形の作図によってベクトルは成分を分解できます。
直角三角形の斜辺を傾いた針とすると、時計の中心から12時までの線分上の成分とそれに12時で直交した水平の成分に分解できます。
 水平の成分とは遅れなので減速成分です。
時計の中心から12時を向いた成分は、2.8度傾いたので、力の大きさが減少しています。

小学生の習うごく簡単な算数です。

投稿日時 - 2018-10-13 14:45:38

ANo.2

学習してきた万有引力と力学の全てが基礎から再構成しないと大きな矛盾を生む
その通りで、相対性理論は基本的に物理学の考え方を大きく変えました。
万有引力が地球と太陽の間に働くと言う見方は捨てなければいけません。
太陽の引力は空間の歪であり、その場で受ける歪から生じる力です。
それで地球が移動したからといって太陽の質量が変わることありませんから時間の遅れなんかありませんよ。
物理の基本的な部分をしっかりと理解して研究してください。

投稿日時 - 2018-10-13 08:00:20

お礼

ご回答ありがとう。
でも、不足です。あなたが頼る場の理論は遠隔作用説の立場をとっています。しかしもう一方であなたが頼るアインシュタインの1915年の相対性理論では近接作用説の立場となっています。
 ところが遠隔作用説と近接作用説は相容れない正反対の説です。
 だから場と相対性のふたつを同時に認めては矛盾があるのです。
 ですからあなたがアインシュタイン説を論拠にするなら近接作用説に基づいた回答が必要です。
tetsumyi>「太陽の引力は空間の歪であり、その場で受ける歪から生じる力です。」
 場の論理では空間は容器であり、場もその一部です。場の定義では場は太陽を孔とするすり鉢です。
 太陽がその孔にいつも留まるとすれば成り立ちますが、太陽も銀河も大銀河も公転しながら移動しているのですから、場の容器からはほどなく飛び出してしまい、場には移動する性質を備えておらず、移動する論理もないので場の説には欠点があります。
 場の説には銀河や大銀河の一員である太陽系を無視したという欠点が、場の論理の成立の時からすでにあり、現実と論理に矛盾した間違いなのです。

投稿日時 - 2018-10-13 11:44:49

ANo.1

> 1915年のアインシュタインの一般相対性理論...
> その通りだとすれば、遠隔作用を否定して近接作用と万有引力の認識が改められたことになるがそれで良いのか。

アインシュタインの一般相対性理論が一貫して主張することは、「なにものも光よりも速くは伝わらない」という
ことです。 ニュートンの力学では無限の速度で伝達した重力も、アインシュタインによって有限の速度で
伝わるとされたわけですね。
「それでよい」と思います。 昨年ノーベル賞で重力波が受賞してますから。

以下、質問者の惑星の公転に関する考察について: 
 非常に興味深く思います。しかし、後半の尽数と共鳴のあたりは私にはよくわかりません。
そうじゃない気もします。一般相対論で説明できるのではと思います。

とにかくこの議論はニュートン力学で議論しないで、一般相対論で議論されることをお勧めします。
そうしないと面白い結果が出ても、所詮ニュートン力学ということで相手にされません。

一般相対論を支持する実験結果として、水星の近日点移動があります。
昔、学生の頃にランダウの場の古典論の輪講に出ました。 とにかくチンぷんカンプンで。
水星の近日点移動の計算はフォローした気がしますが、物理的描像がぜんぜん浮かびませんでした。

質問者が展開された議論がそれに相当するものなのか、よくわかりません。

 

投稿日時 - 2018-10-12 18:50:18

お礼

leo-ultraさんこんにちは
ご回答ありがとうございます。
masaban>遠隔作用を否定して近接作用と万有引力の認識が改められた
leo-ultraさん>・・「それでよい」と思います。 昨年ノーベル賞で重力波が受賞してますから。

題意にむきあったご回答ありありがとうございます。
遠隔作用説と近接作用説は真向から正反対の主張ですから、力学の論理は定義と論拠、構築論理を確認しながら基礎から見直さねばNo.2回答者のtetsumyiさんのような一貫性を欠いた間違いをおかしてしまうでしょう。leo-ultraさんにはご理解いただけたものと思います。

leo-ultraさん>以下、質問者の惑星の公転に関する考察について非常に興味深く思います。しかし、後半の尽数と共鳴のあたりは私にはよくわかりません。

Masaban>尽数をキーワードにWEBを検索するとまず、有理数という現代用語と対比され、さらに太陽系内の衛星が多数の事例で公転周期と自転周期が整数対整数の比に表される事象の意味と記載されています。
公転自転関係の原理原因は不明だそうです。月の裏表もその1対1の事例だそうです。
その原理として月には起き上がりこぼしと同じ重心が偏った球体という説があるのは私も知っています。
 しかし1対1以外の尽数には起き上がりこぼし説は通用しません。
 よくよくみれば起き上がりこぼし説はどの場合にも否定できます。
月が起き上がりこぼしなら、月面に立つ起き上がりこぼしには同じことが起きるでしょう。たとえば人体は寝転ぶ姿が定形の起き上がりこぼしです。
(休日のほとんどの時間私の取る姿勢はねころびです)
 地球では重心が地球の中心とほぼ一致なので地球の引力は垂直線上にあり、人体直立起立の時には足元接面の直下に安定点がある。
 月が起き上がりこぼしの時、月面で地球と同じ直立起立姿勢に適する条件の場所は月の重心と地球の重心を結ぶ線分上にしかありません。
 その線分から離れた月面では月面に直立起立姿勢をとると、足元足裏接面の中に安定点が無い場合ができるのです。
 月面着陸地点はその線分上ではありません。今着陸船が向かったリュウグウにはどこにもそういう線分を見つけられないかもしれません。

だとしたら月面に飛び跳ねた宇宙飛行士は次の瞬間、足から月面に降り立つ事ができず転倒したはずでしょう。荷物が重く重心はいつもの丹田から遠くに離れているので、歩くのが宇宙飛行士には困難だったでしょう。
線分から離れた月面に降り立つ宇宙飛行士が転んだり逆立ちする場面はなかったので起き上がりこぼし説は否定するべきです。


leo-ultraさん>・・とにかくこの議論はニュートン力学で議論しないで、一般相対論で議論されることをお勧めします。そうしないと面白い結果が出ても、所詮ニュートン力学ということで相手にされません。

Masaban>そこで力学や保存則の根源に近く、どの力学にも共通する原理との関係を求めることにしました。すると解析力学の最小作用の原理に行きつきました。
 解析力学は現状の学理の中で真理に最も近い至宝の学理です。
 相対性理論は暗黒物質や宇宙項、宇宙での重力異常、ビッグバン説など突飛な異常点にであい矛盾に行き当たりそれ以上の使い道には向いていません。

 まず作用をラグランジュの最小作用の原理の数式としましょう。
 その作用はファインマンの経路積分とシュレディンガーの波動方程式の時間がパラメータの数式に物質波の位相項に含まれます。
 波動方程式は物質波の波動を表す式です。物質波は確率波なのか、実体がある波動かは長く議論されましたが、残念なことに実体説が忘れられました。
 探してみると日本物理学会の予稿のなかとJAXAの実験に実体の写真がありました。
 でも人類の観察法には物質波の観察が難しいようです。が、わたしはその写真に小宇宙を見つけました。重力とそのポテンシャルが見えたのです。
 プラズマダスト、クーロン結晶、直流放電ダストプラズマというキーワードで検索してください。その試験の写真を探して下さい。
空間にポテンシャルが整列し、ポテンシャルに捉えられた微粒子が整列して写真に撮影されています。
 それらの写真の空間には電子波という物質波の流れがあります。電極面を電子がトンネル現象で飛翔すると電子波が流れています。トンネル現象では電子波の位相が界面において、通過するためには特定位相にならび、反射されるときには位相が変化させられます。
電極界面が電子波の位相を変化させています。そしてこの電子波は静止整列した周期的ポテンシャル障壁のなかで高調波を含んでいると、この写真からみてとれます。
だから写真には位相の同期した多数高調波の電子波が姿を現しているのです。

そして物質波の同期に働く位相の復元力が目指す停留点とは、解析力学の最小作用の原理の停留点に同じであると私は結論しました。

円筒型、扇形が写真に見えます。フラーレンは炭素電極の電子波の中に生まれる球体です。クリスタルは極座標、デカルト(直交)座標、円筒座標、球座標にそれぞれ沿って発展する事があるはずで、そういう現実的な結晶が生まれる可能性が高いのです。

 宇宙がこのようにしてできたとすれば、衛星たちの尽数は物質波の同期によるものに違いありません。
 我々の解析力学は物質波の同期を根源にして生まれたのです。


leo-ultraさん>一般相対論を支持する実験結果として、水星の近日点移動があります。
・・・ とにかくチンぷんカンプンで・・物理的描像がぜんぜん浮かびませんでした。質問者が展開された議論がそれに相当するものなのか、よくわかりません。

Masaban>わたしは水星の近日点移動をしりません。だからどういうふうに関係するかは論じられません。しらべたら楕円軌道が花丸定規(スぴログラフ)の描く花の花びら一葉のようにずれていく現象があるのですね。
EMANさんのWEBで数式を見たが、相対論とどの数式がどの程度関係するか分からない。
「(3) 式の右辺第 2 項は相対論的な補正を表しており」て?

いずれにしろわたしと共同研究しませんか

投稿日時 - 2018-10-13 14:09:51