こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

教育言語学を大学院で研究する意義

稚拙な質問で申し訳ありません。
現在私は言語教育に携わっており、自身が持つ仮説を筋道立てて検証するために
大学院(修士)に進もうかと考えています。
一方で、それは大学院でしか出来ないわけではなく
自宅でコツコツすることも可能ではないかという考えもよぎります。
学位取得にこだわらなければ、インターネットが発達している現代、
ある程度のことはできそうな気がします。
それでもやはり大学院で研究する意義というのは、
第一線の研究者のもとで直に的確な指導が受けられる点が大きいということでしょうか。

また私の専門は英語話者への日本語教育なのですが、
東京外国語大学の国際日本コースと、早稲田大学の日本語教育学科のどちらかで迷っています。
私自身が海外在住のため、学内に足を運び、肌で雰囲気などを感じ取ることはあいにくできません。

もし何かアドバイスをいただけますと助かります。
どうぞよろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-12-16 02:43:20

QNo.9568125

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

補足しておきますね。
今の大学院では事前に教授にコンタクトを取らなくても入試しても大丈夫。
というスタンス(あくまでもスタンス)をとって置くことで一人でも多くの学生を集められるように心がけています。つまりそれがいいと思っている訳では全くないということです。ネット見てここぐらいだと良い感じかな。といい加減な感覚で来てもらっても,なんかメットで書いてあることと違っていたと文句を言われても困るからです。

で,あなたの場合にはやりたいことがあるので,それがその研究室でうけいれられるかどうかが大事になるので,コンタクトは必須だと申し上げたかった。
それぞれの研究室が一般にはテーマの打診があったり,または方向性を限定して進めたいと思っているところが多いです。文系の英語教育という分野がどの程度成熟して競争などがどの程度あるのか私は存じ上げないので大学院というところは,特に日本は教授の守備範囲は深いけど広くはありません。
自分の守備範囲以外のことを勝手にやらせて欲しいという学生を受け取るかどうかはすごく疑問が残るので,コンタクトをとって意見をもらってください。
もしかするとその意見で大学院に入らなくてもすすめようかなと思うかも知れないし,そのテーマをほっておいてもその先生の研究テーマをやってみたいと思うかも知れません。学問もその都度興味は細かい範囲で動く物ですから,良いチャンスなので意見をいろいろと取り入れて学ぶ機会を持って下さい。

長々と失礼しました。

投稿日時 - 2018-12-16 16:30:47

お礼

度々ご丁寧にありがとうございます。
事情を詳しく伺え、私の勘違いに気づくことができました。
とても感謝しています。
コツコツ調べていきます。

投稿日時 - 2018-12-16 17:32:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

>インターネットが発達している現代、ある程度のことはできそうな気がします。

まあ,論文をダウンロードして読むということを含めても,「ある程度」にとどまるでしょうね。

>第一線の研究者のもとで直に的確な指導が受けられる

的確といえるかどうかわかりませんが,「そりゃあ,むかし私も手をつけたけど,ろくな結果はでなかったよ」という失敗談とか,別の角度からの見方なども含むでしょう。師匠が断念した研究を,弟子がやりとげることもありますが。

また,学会に所属して,討論や情報を収集する意義もあります。

言語教育なら,「実験動物」をどうやって得るかの問題もあります。もし学校の児童・生徒を使う必要があれば,ただのおっさんでは許可されないでしょう。

投稿日時 - 2018-12-16 09:28:55

お礼

早速のご回答をありがとうございます。
やはり「ある程度」どまりで、たかが知れているということですね。

> 別の角度からの見方なども含む
そうですよね、この部分が非常に貴重ですよね。

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2018-12-16 14:07:30

ANo.1

あなたの場合,やりたい研究ができなければかなりストレスに成りそうですね。
直接会えないとしても,希望する学科のホームページから自分の仮説を研究できそうな教授(PIに)メールを書いて,このような研究をさせてもらえるかどうか。率直に尋ねる方が良いかもしれません。配属先はあとから決められるという学科などもありますが一般的には,この学生の面倒は見るつもりがあります。ということで大学院の入試の合格ラインは変動します。
もちろんあなたがトップクラスの能力があり合格間違いないのであればそんな心配も要らないかも知れませんが,テーマは教授達が大学院生の与えるケースが大変多いので,何も調べずコンタクトもとらないで入試を受けるのはとっても危険性が高いです。たまたまあなたの質問を,あなたの知りたいことの専門家が読んでくれれば,もうすこし的確な回答が得られるかも知れませんが,
一般論としては,まずここなら私の意見を理解してもらえるだろう。という研究室に連絡をして相談することから始めましょう。

投稿日時 - 2018-12-16 03:43:54

お礼

早速のご回答をありがとうございます。

早大の私が検討しているコースでは、事前の教授へのコンタクトが不要とあったので「大学院受験の風潮は、そういう方向になりつつあるのかな」と勝手に思ってしまっていました。

まずは各大学院の先生の研究課題を調べるところから、慎重に始めるようにします。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2018-12-16 14:03:49