こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

デンドログラムとはどのようなものでしょうか。

データサイエンスの中でクラスタリングの説明の中にデンドログラムというものがあります。

ネットでは、”クラスター分析において、逐次的に標本がグループ化される様子を木の枝のような線で表したもの。デンドログラムともよばれる”
とありますが、やっぱりわかりません。”グループ化される様子”というのは試行錯誤の様子ということなのでしょうか。たぶん違うなと思いますが。また”グループ化される様子”を観察する意味は何でしょうか。
また、デンドログラムの縦軸と横軸(軸はあるようです)の意味も分からないのですが。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-09-18 15:14:54

QNo.9658119

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

ものが三つ以上に別れるときは、一つの分岐点から多方に分かれる「タコ足配線」型と、二つ以上の分岐点があり木(デンドロ)の枝式とがあります。 
 後者だと三つ以上の塊(クラスター)が説明できるので、こう呼んでいます。https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%E5%9B%B3&tbm=isch&source=univ&sa=X&ved=2ahUKEwiHkeeBkNvkAhVFAqwKHSvpAcgQsAR6BAgHEAE&biw=1920&bih=852
https://www.youtube.com/watch?v=ijUMKMC4f9I

 横にすれば縦軸が横軸になります。

投稿日時 - 2019-09-19 04:49:30