こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

胃酸中和にマグネシウムの塩化と酸化の違いは何ですか

胃酸中和ににがりを飲んでいたですが、効果がなかったようです。酸化マグネシュームは短時に効果があります。同じマグネシウムなのに、塩化と酸化だけで効果違うわけを知りたいです。

投稿日時 - 2019-09-27 22:43:31

QNo.9661268

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

胃液の主成分は 塩酸 HCl
塩酸と 酸化マグネシウムを混ぜると
MgO + 2HCl → MgCl2 + H2O
塩化マグネシウムと水になり 酸でアルカリでもない物質に変化します。

塩化マグネシウムを入れても 反応は起きない。

投稿日時 - 2019-09-29 10:52:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

胃酸の中和には私は太田胃酸を常用しています。この場合、弱い塩基性を持つ炭酸水素ナトリウム(及び炭酸水素カルシウム)が主成分です。
塩化(酸化)マグネシウムも胃の治療に使うようですが、飲みすぎると炭酸水素マグネシウムが腸内で悪さをして「下痢」を起こす可能性があるらしいので、要注意です。塩化マグネシウムを「にがり」というのですよね。
塩化・酸化の違いはよくワカりませんが、胃の中には塩酸(HCl)が多量にありますので、あまり違いはないような気がします。塩酸を弱めるために飲むのですから、塩素が入っていない薬の方が良いのでしょうか?

投稿日時 - 2019-09-28 08:03:29