こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

NYの治安が最悪だった時期はいつ頃でしょうか?

映画で良く出てくる・・
ニューヨークの地下鉄や駅構内が落書きだらけで観光客は勿論
地元民でも恐れていた等というNY史上、街の治安が最悪だった時期というの
はいつごろでしょうか?まあマフィア全盛時代は除いてかな。
1970年代とか?でしょうか。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2019-10-28 23:39:14

QNo.9672295

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>1970年代とか?でしょうか。

 その通りです。
1970年代が最悪の治安と社会状態で、ニューヨークのどん底の時代といわれています。
(1972年、世界貿易センタービル完成に伴い渡米した際に、ものは試しだ、とばかりに米国人と一緒に悪名高き地下鉄の一駅間だけ乗ってみましたが、噂通りの異様な雰囲気ではあったものの、危険を感じるようなことはありませんでしたね。多分、同行の米国人が安全な区間を選んでくれたのだと思いますが。)

 ニューヨークの復活は、ルドルフ・ジュリアーニが市長になった1990年代中盤からと言われています。

投稿日時 - 2019-10-29 07:01:43

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-11-16 10:53:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

「NYの治安が最悪だった時期はいつ頃でしょうか?」ですか。

 それは、禁酒法の時代でしょう。

1919年から1933年ごろでしょう。

禁酒法 wikipedia
 禁酒運動による相当な圧力の下で、米国上院は1917年12月18日に憲法修正第18条を提出した。1919年1月16日に3/4の州(当時は36州)による批准が完了して憲法修正条項が成立し、翌年1月16日に施行された。いくつかの州議会では憲法修正第18条の批准の前に、州としての禁酒法を既に立法化していた。

ボルステッド法(正式名:国家禁酒法)はウッドロウ・ウィルソン大統領が拒否権を発動するも、1919年10月28日に議会が再可決し、「酔いをもたらす飲料」を法的に定義して、憲法修正第18条で規制の対象とするアルコール飲料を定めた[2]。一方、ボルステッド法はアルコール販売を禁止したが、法律を強制することはほとんど行われなかった。違法な酒の流通および無許可での製造販売は激烈になったが、アメリカ合衆国連邦政府にはアメリカ合衆国全ての国境、湖、河川および秘密酒場で法執行を強制する手段も意志もなかった。実際にはニューヨーク市単独でも、30,000 - 50,000軒もの違法な酒場(スピークイージー)が至るところにあった[3]。特に都市部においては禁酒法は世界恐慌の間、次第に不興を買うようになった。

1933年3月23日に、フランクリン・ルーズベルト大統領は、ボルステッド法のカレン=ハリソン修正案に署名した。そして、特定の種類のアルコール飲料の製造・販売を許可した。1933年12月5日に、アメリカ合衆国憲法修正第21条は修正第18条を廃止した。

参考  
 禁酒法 wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E7%A6%81%E9%85%92%E6%B3%95

投稿日時 - 2019-10-29 22:08:51

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-11-16 10:53:16