こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

江戸時代以前の日本人の世界観

古墳飛鳥時代には朝鮮半島から多くの人間が畿内に移住しましたし、遣隋使や遣唐使もありましたから、当時やそれ以後の日本人は、世界には日本以外に朝鮮や中国のような国や地域があると理解していたと思います。
天平時代でしたか、てっきり日本人の僧だと思っていたのに、インド人が日本に帰化した僧であったことも知って驚きました。今その僧の名を忘れてしまいましたが、ひょっとしてインドくらいまでは世界として理解していたのかも知れません。
欧米人が幕末に日本に来るまでは、日本人は世界をどのように理解していたのでしょうか?中国以西のことはどう考えていたのでしょうか?正倉院にはペルシャの物もあるそうですから、中国の西には別の国があると思っていたのでしょうか? 皇族や貴族ではなく、一般人はどう思っていたのでしょうか?
何かの書物に記述はありませんか?
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2019-11-16 19:31:50

QNo.9679680

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

坊主や貴族などはある程度は理解はしていたと思います
やはり遣唐使で中国で西洋人など見ていたかもしれません。
ただ、庶民レベルだと、朝鮮、中国、インドあたりまでだと思います。
当時の中国も世界から人などが集まってきていましたから
もしかしたら、白人(遭難とかの理由で)を見た当時の日本人は鬼とか、天狗と思ったかもしれませんよ
戦国時代は鉄砲とか来ているのである程度は庶民もわかっているとは思います。

投稿日時 - 2019-11-16 21:56:59